英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be responsible for …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be responsible for …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に対して責任がある」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役の翻訳者であるライターmiyukiを呼んです。一緒に「be responsible for …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/miyuki

都内で働く現役の翻訳者。国内外の論文、報告書などの和訳と英訳を手がける。経験を生かして自然で簡潔な英語表現を伝授する。

熟語「be responsible for …」の意味は?

image by iStockphoto

responsibleという単語は、責任がある、原因がある、という意味の形容詞です。

「be responsible for …」はresponsibleを使用した頻出の熟語で、様々なシーンで使用することができます。

使い方を覚えておきましょう。

意味その1 「…に対して責任がある」

1つ目の意味は「…に対して責任がある」です。

forの後ろにくる名詞、代名詞の責任者であること、責任を負うこと、を表すときに使用します。

ビジネスの場、普段の会話、どちらでも使われる表現ですね。

He is responsible for the accident.
彼はその事故に責任がある

Who is responsible for this project?
誰がこのプロジェクトの責任者ですか?

Parents are responsible for educating children to become good citizens.
親たちは子どもたちを善良な市民になるように教育する責任がある。

意味その2 「日本語訳のひとつの例」

2つ目の意味は「…の原因となる」です。

responsibleのもつ「責任がある」という意味から派生し、「物事の責任者」つまり「物事の原因」といった意味で使われます。

Smoking was responsible for the death of more than 430 thousand people.
喫煙は43万人以上の死亡原因になりました。

What’s responsible for the accident?
この事故の原因は何?

\次のページで「熟語「be responsible for …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: