英語の勉強法

【英語】現役塾講師がbe動詞をわかりやすく解説!be動詞の重要な役割を知っておこう

be動詞は日本語でいうと「〜です」などに相当するせいか、be動詞のことを軽く考える人もいる。しかし、そこにあるからには意味や役割がある。英文を自由に使いこなすには、be動詞がいかに重要な役割をしているかを知ることが必要です。

 10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

be動詞の基本

image by iStockphoto

英語を習い始めて最初のほうに勉強するのが「be動詞」です。そのときは、意識していなかったこともあるかもしれませんので、be動詞とはどんなものか、また、be動詞の使い方を一緒に見ていきましょう。

be動詞とは?

be動詞には、イコールの関係をつくる役割と存在を表す役割があります。意味においては、「〜です」「〜だ」のときはイコールの関係を、「〜いる」「〜ある」のときは存在を表していますよ。また、be動詞は動詞の中の一部なのですが、be動詞以外の動詞は全て「一般動詞」と言います。

実際にどんな単語があるかというと、原形が「be」、現在形「am, is, are」、過去形「was, were」です。

be動詞の使い方

be動詞は主語に合わせて使い分けます。主語が「私」である一人称単数の場合は「am」を、「あなた」の二人称の場合や複数の場合は「are」を、「Tom」や「彼女」「それ」などの三人称単数の場合は「is」を使いますよ。そして、「am」と「is」の過去形が「was」、「are」の過去形が「were」となります。

また、be動詞を使った文法も紹介しておきましょう。ひとつは「進行形」で、「be動詞 + 動詞の現在分詞形」として「〜しているところだ」という意味で使います。もうひとつは「受動態」や「受け身」と呼ばれ、「be動詞 + 動詞の過去分詞形」で表し「〜された」という意味です。

進行形:He is playing the guitar now.(今、彼はギターを弾いているところです)

受動態:The library was built last year.(その図書館は昨年建てらた)

\次のページで「be動詞を役割別に見てみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: