この記事では英語の熟語「account for」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「説明する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「account for」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「account for」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「account for」の主な意味は「説明する」です。「-count」の部分は「計算する、数える」という意味合いがあり、「(収支を)はっきりさせる」や「責任をとる」という意味もあります。

ほかには「(割合を)占める」といった数字を確保するというニュアンスの意味もありますよ。詳しく見ていきましょう。

意味その1 「説明する」

意味の一つは「説明する」で、理由を説明したり、原因を示したり、はっきりさせるという意味合いです。また、主語が人でない場合は「原因 account for 出来事」となり「出来事は原因のせいだ」と表現することもあります。

「account」には名詞もありますが、「account for」は動詞として使われており「for」の後ろは原因・理由となる名詞です。

He accounted for the bad result.
彼は悪い結果の説明をした。

There is no accounting for tasts.
たで食う虫も好き好き。(人の好みは説明できない)

His careless mistake accounted for the accident.
その事故は彼の不注意なミスのせいだ。

意味その2 「占める」

もう一つの意味は「占める」です。「数える」という語源から「数えた結果これだけの数字があった」というニュアンスで数量的に「占める」という意味合いになります。「account for」のうしろには、百分率や数量などを表す語が続きますよ。

The members of the baseball club account for 15% of the students.
野球部の部員たちは生徒の15%を占める。

Chinese account for the majority of the foreign traveler to Japan. 
中国人が日本への外国人旅行者の大半を占める。

This orange juice accounts for 80% of fruit juice. 
このオレンジジュースは果汁が80%もある。

\次のページで「熟語「account for」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

熟語「account for」の言い換えや、似た表現は?

熟語「account for」の言い換えの表現として、理由や意味、やり方などを説明する「explain」、ようすなどを言葉で描写する「describe」、実演しながら説明する「demonstrate」実例や絵や図を使って説明する「illustrate」などがあります。

ここでは、最もよく使われる「explain」と「describe」をチェックして違いを見ていきましょう。

言い換え例:explainを使った言い換え

最初は「explain」を使った言い換えです。「account for」と近いニュアンスで使うことができ、どちらでも使えるような意味や理由を説明する使える場面はたくさんあります。

使い方は「explain 目的語」ですが、人を含めるときは「explain 目的語 to 人」です。また、目的語がthat節や疑問詞節などの場合は「explain (to 人) thatまたは疑問詞節、疑問詞+to」となります。

Mr.Isoda explained the historical event.
イソダ先生は歴史上の事件について説明した。

I am going to explain my idea to you.
私はあなたに私の考えを説明しましょう。

Could you explain to me how to cook?
料理の仕方を私に説明してくれませんか。

言い換え例:describeを使った言い換え

次は「describe」を使った言い換えで、文字や言葉を使って状況を描写する意味合いがあります。意味や理由よりもようすや出来事をありのままに表現するイメージです。

使い方は「describe 目的語(to 人)」が基本となり、「describe 人 as 描写内容」と表現するときは「評する」「みなす」という意味合いで使われます。

He described the train accident.
彼はその列車事故のようすを話した。

Will you describe the man you saw yesterday?
あなたが昨日見た男の特徴を説明してくれませんか。

People describe Keijiro as a hiro.
人はケイジロウを豪傑と評する。

\次のページで「熟語「account for」を使いこなそう」を解説!/

熟語「account for」を使いこなそう

この記事では熟語「account for」の意味や使用例、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「account for」は「数える」という語源から、数えて白黒はっきりさせる意味合いで「説明する」数え上げて数を確保する意味合いで「占める」になります。

言い換えの表現は、理由や原因を説明する「account for」に近いのが「explain」ですが「account for」のほうがより悪い出来事に使うことが多いです。「describe」は出来事の状況やようすを描写するイメージ。使い方にも特徴があるのでよく見ておきましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「account for …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「account for …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「account for」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「説明する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「account for」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「account for」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「account for」の主な意味は「説明する」です。「-count」の部分は「計算する、数える」という意味合いがあり、「(収支を)はっきりさせる」や「責任をとる」という意味もあります。

ほかには「(割合を)占める」といった数字を確保するというニュアンスの意味もありますよ。詳しく見ていきましょう。

意味その1 「説明する」

意味の一つは「説明する」で、理由を説明したり、原因を示したり、はっきりさせるという意味合いです。また、主語が人でない場合は「原因 account for 出来事」となり「出来事は原因のせいだ」と表現することもあります。

「account」には名詞もありますが、「account for」は動詞として使われており「for」の後ろは原因・理由となる名詞です。

He accounted for the bad result.
彼は悪い結果の説明をした。

There is no accounting for tasts.
たで食う虫も好き好き。(人の好みは説明できない)

His careless mistake accounted for the accident.
その事故は彼の不注意なミスのせいだ。

意味その2 「占める」

もう一つの意味は「占める」です。「数える」という語源から「数えた結果これだけの数字があった」というニュアンスで数量的に「占める」という意味合いになります。「account for」のうしろには、百分率や数量などを表す語が続きますよ。

The members of the baseball club account for 15% of the students.
野球部の部員たちは生徒の15%を占める。

Chinese account for the majority of the foreign traveler to Japan. 
中国人が日本への外国人旅行者の大半を占める。

This orange juice accounts for 80% of fruit juice. 
このオレンジジュースは果汁が80%もある。

\次のページで「熟語「account for」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: