英語の熟語

【英語】1分でわかる!「in order to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「in order to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「○○するために」だが、色々な言い換えのパターンを覚えておくと表現の幅が広がるぞ。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んだ。一緒に「in order to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

maakn

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

熟語「in order to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「in order to ○○」は、「○○するために」という意味の熟語です。口語表現というよりは、書き言葉として使われています

「目的」を表すto不定詞も「○○するために」という意味になりますが、to不定詞には他にも複数の意味があります。そこで「目的」の意味で使用しているということをわかりやすくするため、前に「in order」を付けたのが「in order to ○○」というわけです

意味「○○するために」

「in order to ○○」はto不定詞を使った熟語なので、後ろには動詞の原形が続きます

否定文にする場合は、「not」を「to」の直前に置き「in order not to ○○」という形になるということを覚えておきましょう。

He is working hard in order to help his parents.
彼は両親を助けるために、懸命に働いている。

I got up early in order not to be late.
私は遅れないように早起きした。

In order to become an English teacher, I stayed in New York.
英語の先生になるために、私はニューヨークに滞在しました。

「in order to ○○」の意味上の主語

「in order to ○○」を含む文全体の主語と、toの後ろに続く動詞に対応する主語が異なる場合があります。この場合「in order for 人 to ○○」のように、toの前にforと人称代名詞などを入れることで表すことが可能です。

これを意味上の主語と言いますが、少し難しいので一つ目の例文を見てください。to以下の「新しい仕事を得る」に対応する意味上の主語は「her=彼女」、「そのために協力した」文全体の主語は「I=私」という構造になっています。

I cooperated in order for her to get a new job.
私は彼女が新しい仕事を得るために協力した。

Don’t leave children alone in order for them to stay safe.
安全のため、子どもを一人にしないこと。

My mother gave some money in order for him to have lunch.
お母さんは彼が昼食を食べるためにお金をあげた。

次のページを読む
1 2 3
Share:
maakn