ドラゴン桜式勉強法国語特集

センター試験の国語は「文章の読み方」を見直せ!ドラゴン桜式国語の勉強法

よぉ、桜木建二だ。みんな、国語の勉強は捗ってるか?どう勉強したらいいかわからない人が多い科目だな。

そのなかでも、センター試験を控えた受験生にとっては「読解力」をどう高めていくべきか、悩んでいる人は多い。覚えることの多い他の科目と違い、決まった勉強法もないから手強いな。

今回は「ドラゴン桜式国語の勉強法」を、現役東大生にしてStudy-Z編集長の西岡と紹介していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

西岡壱誠

ライター/西岡壱誠

現役東大生、作家、Study-Z編集長。ドラゴン桜のコンテンツ監修も行っており、ドラゴン桜の受験理論を深く知る一人。

まずは「ドラゴン桜式・国語の勉強法」をチェック!

受験生の皆さん、国語の勉強は順調ですか?

……そう聞くと、大抵の方は「うーん……」と微妙そうな顔をします。というのは、国語というのは「どう勉強していいかわからない!」という人が多い科目だからです。国語の勉強といえば、漢字を覚えるか、古典単語を暗記するか、あとは過去問を解く以外には勉強らしい勉強の手段がありません。覚えるものが多い他の科目と違って、「これをやれば成績が上がる!」という方法がないのです。

最近は『読解力』がない学生が多いというのが話題になりますが、そもそも読解力をどう上げたらいいのかわからない、というのが大半の学生の悩み。そして、入試本番が近くなってはじめて、「国語どうしよう!?」と悩む受験生が非常に多いのです。

偉そうに語っていますが、僕も昔は「国語ってどうすれば成績が上がるの!?」と思い悩んでいました。

でも、『文章の読み方』を変えてセンター国語に望んだところ成績が大きく伸びたのです。そして東大に入ってから気付いたのですが、実はその『読み方』は、東大生の多くが実践する読み方でした。「このやり方で文章を読むと、読むスピードが上がるし、オススメだよ」と語る東大生も多かったです。

今日は、「国語の勉強どうしよう!」とお悩みの受験生のために、そして読むスピードが遅いとお悩みの方のために、文章のちょっとした読み方のコツを共有させてください。

まずは、この漫画を読んでみてください。

読み方のコツ1 キーワードを探せ!

いかがでしょうか?「キーワードを見つけることで、ラクに『その文章が何が言いたいのか』がわかる」というのです。

たしかに多くの場合、国語の点数が安定しない受験生は、よくこんなことを言います。

「筆者が何が言いたいかわかったら結構解けるんだけど、わからないと全然解けない……」

または、こういう経験をしたことがある人は、意外に多いのではないでしょうか?

「言っていることがわかる時と、わからない時の差が激しい」

「わからない時はとことんわからなくて、点数もボロボロになる」

これを避けるためのテクニックが、「キーワードを探す」なのです。多くの東大生も、実際「キーワードがなんなのか」を探しながら文章を読むという方法をしています。作者が言いたいことがどんなことなのか、キーワードを探すことによって理解していく読み方を実践しているから、東大生は文章を読むのが早い人が多いのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

文章を読んでいると何度も似たような言葉が出てくることに気が付かないか?それがずばり筆者が主張したいキーワードだ!読み流すんじゃなくてしっかりマークしておくんだぞ。

読み方のコツ2 最初を読んだら、すぐに最後を読もう

そして、この「キーワード探し」のためにオススメなのが、『最初を読んだら、すぐに最後を読む』という読み方です。

最初の2段落ぐらいを読んだ後に、続きを読むことなく、先に最後の段落に飛んで、文章を読んで見るのです。

「え!?そんな読み方したって、何言ってるのかわからなくなるだけじゃないの?」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。大抵の文章は、漫画でも紹介されていたように、序論→本論→結論……という順番で話が進んでいきます。

最初と最後に言いたいことを言い、後は全部補足。実は多くの文章はそういう構成をしています。だから、文章の最初を読んだ後に、読み進めることなく一度最後の段落を読んでしまうことで、筆者が何を言いたいのかが理解できるようになるのです。

まず国語の問題を解くときは、タイトルを確認した上で、最初と最後の段落を見て、『同じような言葉は使われていないか?』と考えてみるのがオススメです。その言葉は必ず、文章全体における重要なキーワードになっているはずで、そのキーワードに気を付けて読むだけで、読むスピードが上がるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

基本的に文章は序論→本論→結論の構成で成り立っていると考えて良い。この構成を逆手にとって、スマートに筆者の言いたいことを読み取るんだ。その上で最初と最後で同じような言葉を探すんだ!

読み方のコツ3 接続詞の後ろに気をつけろ!

「しかし」「だから」「つまり」、などの接続詞の後ろの文というのは、キーセンテンスになっている場合が多いです。

接続詞というのは、前の文と次につながる文とをつなげる役割を持っています。ということは、多くの場合先の文で言っていることをよりわかりやすく言い換えたり、深めたりしているというわけです。

前の文をより詳しく語る場合は「だから」などの順接の接続詞が来ます。理由を言い換えている場合は「なぜなら」などの因果関係を結ぶ接続詞が来ます。

そして、今まで言っていたことを踏まえた上で自分の主張を展開する場合は「しかし」などの逆説の接続詞が来ます。「多くの人はこう考えているのかもしれませんが、しかし、真実はこうなんです」「こういう風に考えている人もいるかもしれませんが、でも、こう考えることもできますよね?」と、逆の理論を展開するのが「しかし」「でも」「だが」などの逆説の接続詞なのです。

この3種類の接続詞が書いてある箇所をしっかりと見極めることで、文章が読めるようになるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

順節・因果関係・逆説の接続詞の後にくる文章は特に要チェックだ。筆者の言いたいことがわかりやすくまとまっている可能性が高いぞ。

実際にセンター試験の問題に挑戦!

論より証拠ということで、実際に問題を解いてみましょう。

下記のリンクに僕が受験生時代に受験会場で解いた文章問題を載せました。

(2016年国語 センター試験 第一問)

詳しくはこちら

最初と最後の段落を読んでみよう

4ページ目の最初の2段落(四角1,2)は、「リカちゃん人形が、どんどん他のキャラクターを演じ出した」ということが書かれていますね。

そして7ページ目最後の段落(四角15)を見ると、なんだか難しいことが語られていますが、なんとなく「キャラ」や「キャラ化」が重要だと語られています。

『この「キャラ」という言葉は、最初と最後、両方の段落に出ている。もしかしたら、重要な言葉なのかも?』と考えることができると思います。

また、第2段落のはじめには『平成に入ってから』と書かれていますが、最後の段落を見ると、傍線部のところに『相対性の時代には』と書かれています。この二つを見比べれば、『平成』という言葉と『相対性の時代』とが同じことを指しているとわかるはずです。

『キャラ』と『時代(平成)』。この二つを発見した上で両方の段落をもう一度確認すると、両方とも「時代が変わってきて、キャラを演じることが肯定されている」ということが書かれているのがわかると思います。最初で話していることと、最後で話していることが、たしかに同じだということがわかりますね?

最後の段落から内容を絞る

その上で、10ページ目の問2を見てください。もうみなさんは、どれが答えだかわかると思います。

正解は、①です。「設定された枠組みから解放されて、その場に応じた役割を担うようになった」というのは、先ほどの「時代が変わってきて、キャラを演じることが肯定されている」というのと同じ内容ですね。最初の2段落だけを読んでいたら、「あれ?②も怪しいぞ?」「④もそれっぽいな」と考えてしまうかもしれませんが、そのほかの選択肢には、最後の段落で書かれているようなことは書かれていません。

最初と最後を確認するだけで、実は簡単に問題が解けてしまうのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

実際の問題を見てどう思った?意外としっかりこのテクニックが通用することがわかるよな。

意外といける!?センター試験国語

センター試験で出題される問題のほとんどは、この法則を適用することができます。2000年〜2018年の問題を確認したところ、だいたい10年分〜13年分はこの法則で問題が解きやすくなることがわかりました。他の問題も、最初を少し読み進めて3段落目まで読んでおいたり、最後から2番目の段落も読んでおいたりすれば、解ける問題ばかりでした。

また、評論文の問題だけではなく、小説でも同じことが言えます。小説の問題でも、『主人公はこんなことを気に病んでいた』と最初の段落に書いてあったのが、最後の段落では『その主人公の悩みは綺麗に解消されたのだった』と書いてあって、「ああ、じゃあ主人公の悩みが解消される話なんだな」と理解できる……なんて問題も結構存在します。

結局どんな文章も、最初と最後にその文章の要旨が詰まっているのです。それさえ理解すれば、実はどんな文章も容易に読めてしまうのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

論評文だけでなく小説にも通用するのはありがたい。ネタバレOKなやつは普段の読書で試してみても良いかもな。

センター国語の秘密とは?

一体なぜ、センター試験ではこのテクニックが有効なのでしょうか。

僕はこれを、センター試験が「部分読解」だけでなく「全体の読解」の能力を重視しているからだと考えています。大学入試センターの問題作成部会の見解を見ると、「文章の趣旨を捉えているかどうかを測ることを意図した」と記されています。つまりは、一部分の読解ができているかどうかだけでなく、全体としてどういうことが書かれているかをわかっているかどうかを聞くことも意図されて問題が作られているのです。はじめに「筆者が何が言いたいかわからないと、とことん点が取れない」と嘆く学生が多いという話をしましたが、それは実は出題者の意図通りなのです。全体の趣旨がわからない学生は引っかかるように問題が元から設計されているのです。

 

そして、その出題の意図を加味した時に、有効なのがこの「最初を読んだら、すぐに最後を読む」というテクニックなのです。全体の趣旨さえ理解しておけば、文章の中でわからない言葉や1文が出てきても「だいたいこういうことが言いたいはずだ」と、文章の趣旨から逆算して理解することもできます。また、「こういうことが言いたいんだろう」とわかっているので、スピーディーに文章を読むことにもつながります。誤読も防げますし、速読も可能になるのです。

テクニックを活用してセンター試験の国語を突破しよう!

本日はセンター試験の国語の解き方について説明しました。勉強らしい勉強法がない国語ですが、実はテクニックで解決できることがお分かりいただけたでしょうか?

読み方のコツ1、2、3はどれもすぐ活用できるので、センター試験に臨む受験生のみなさんは一度試してみて、使えそうだったら本番でも試してみてください!また、それ以外の人も一度この読み方を試してみてはいかがでしょうか?

Share:
西岡壱誠