日本史歴史江戸時代

犬公方「徳川綱吉」、最近再評価もされつつある徳川5代将軍を歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は、徳川綱吉を取り上げるぞ。3代将軍の息子で5代将軍になったが、生類憐みの令で有名な将軍なんだよな。

それでは、綱吉と母の桂昌院に昔から興味を持っていたというあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている。綱吉と母桂昌院にも興味津々。例によって本を引っ張り出したりネットで調べまくり、5分でわかるようにまとめた。

1-1、綱吉は家光の4男として誕生

綱吉は、正保3年(1646年)1月8日、江戸城で誕生。父は3代将軍家光、母はお玉の方、家光の4男で幼名は徳松。
綱吉の長兄は5歳上の4代将軍家綱で、2歳上の兄が長松(綱重)、3歳で尾張家へ嫁いだ姉の千代姫をのぞけば、成人したのは3人兄弟でありました。綱吉は末弟のため、父家光は儒学の勉学に励むように言いつけたそう。

家光は両親が実弟忠長を甘やかしたせいでえらい目にあったし、庶弟の保科正之は良く出来た人で家来筋として出しゃばらず補佐に徹したので、自分の息子たちは忠長のようになると困ると思ったのでしょう。

1-2、兄綱重の母と綱吉の母はライバル同士

兄綱重の母はお夏の方といい京都の町人の娘、綱吉の母お玉の方も京都の八百屋の娘で、ふたりとも家光の側室として犬猿の仲、ライバルだったということで、御両典と言われた2歳違いの息子の育て方なども競争意識があったはず。

1-3、綱吉、5歳のときに父将軍家光が死去

慶安4年(1651年)4月、兄の長松(のちの綱重)とともに、近江、美濃、信濃、駿河、上野から15万石を拝領し家臣団を付けられましたが、家光が死去したので長兄の徳川家綱が11歳で4代将軍に。承応2年(1653年)8月に家綱の右大臣昇進にあわせて2人の弟は元服、偏諱をもらい、長松は綱重、徳松は綱吉とそれぞれ名乗ることに。

尚、松平右馬頭綱吉と、徳川ではなく松平姓を称したのは、まだ幼いことと、長兄の家綱が後を継ぎ順調に子孫に将軍の位が伝わることを考えて、綱重と綱吉は分家扱いということだったんですね。

1-4、綱吉、舘林藩主となり、舘林宰相と呼ばれることに

image by PIXTA / 14213572

 明暦3年(1657年)、明暦の大火で竹橋御殿が焼失、9月に神田御殿へ移り、寛文元年(1661年)8月、15歳で上野館林藩主として城持ちになり、25万石の大名に。12月には参議となったので館林宰相と通称され、館林徳川家として徳川を名乗ることになりました。尚、綱吉は館林藩主ではあっても、基本的に江戸在住。家臣の8割も神田の御殿詰めとなっていて、綱吉が館林に立ち寄ったのは、寛文3年、兄の将軍家綱に従って日光東照宮に詣でたときのみ。

1-5、綱吉、長兄家綱の養嗣子となり5代将軍に

image by PIXTA / 50047639

延宝8年(1680年)5月、綱吉34歳のとき、家綱には跡継ぎがなく兄の綱重もすでに亡くなっていたことから、家綱の養嗣子として江戸城二の丸に迎えられ、同月に家綱が40歳で死去。綱吉は内大臣および右近衛大将となり、将軍宣下を受けました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica