英語の勉強法

【英語】現役塾講師が接続詞をわかりやすく解説!接続詞は単語や句や節をつなぐ接着剤

接続詞は、日本語で言うと「だから」や「しかし」など文と文をつなぐイメージを持つ人もいるかもしれない。しかし、接続詞は「単語」や「句」や「節」をつなぐ場合があるので、どの部分とどの部分がつながれているのかを見極める必要があるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

接続詞の基本と等位接続詞

image by iStockphoto

接続詞は、さまざまな種類に分類されます。その分類する切り口は、何と何をつなぐのか、対等な関係かどうかです。これらを知ることにより、理解を深めていきましょう。

接続詞の基本

まずは、接続詞の基本について、単語と単語、句と句、節と節をつなぐ場合があります。「単語」は文字通り単語のことですね。「句」は複数の単語のかたまりで、主語、述語動詞は含みません。「節」は主語、述語動詞を含む語のまとまりになっていますよ。

文法的に対等な関係をつなぐ場合は「等位接続詞」と呼ばれ、ここまでの「単語と単語」「句と句」「節と節」のいずれの場合でも「等位接続詞」が使われることがあります。

等位接続詞に対して対等の関係でないのは「従位接続詞」といい、従属節が主節の要素になったり主節の修飾をする場合のことです。従位接続詞はさらに分類されますが、詳しくは後半で解説していきます。

等位接続詞

接続詞の基本では、単語と単語、句と句、節と節をつなぐ場合がありました。いずれも対等な関係をつないでおり、等位接続詞となります。等位接続詞には、and, but, or などがありますよ。

 単語と単語:I like tennis and baseball.(私はテニスと野球が好きです)

 句と句:He is good at playing shogi and singing songs.(彼は将棋をすることと歌を歌うことが得意だ)

 節と節:The door opened and she came in.(ドアが開き、彼女が入ってきた)

\次のページで「従位接続詞」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: