英語の熟語

【英語】1分でわかる!「let … ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

意味その3「○○しようよ」

ご存じのLet’sがこの使い方です。Let usの省略形と習ったことがある人もいるでしょうが、イギリスでは省略しない方が少し堅い言い方となります。この場合は「○○するのはいかがでしょう」という提案です(例文2)。

提案を受けるときはYes,lets. 断るときはNo, let’s not.を使います(例文3)。

「~しないようにしよう」はLet’s notと表現するのがアメリカ式、Don’t let’sはイギリスで見られる書き方です。

1.Let’s go swimming in the sea.―Yeah!
海に泳ぎに行こうぜ。―イエーイ!

2.We have long vacation next summer. Let us go to Hawaii.
次の夏に長い休暇があるよね。ハワイに行くのはどうだろう。

3.Let’s go out for skating.―No, let’s not. I have a hever.
スケートに行こうよ。―いいえダメよ。熱があるの。

4.A baby is sleeping peacefully. Let’s not make any noise.
赤ちゃんがすやすや眠ってるよ。うるさくするのは止そうね。

意味その4「○○するがよい」

学校ではあまり見かけない表現ですが、警告やちょっと投げやりな気持ちを含んだ表現です。

Let the storm rage on! Nothing can’t beat me.
嵐よ、好きなだけ吹きすさぶがいいわ!私は絶対に負けない。

I did all I could, but nothing changed. Just let it go.
できることは何でもしたのに、何も変わらなかった。なるようにしかならないよ。

熟語「let … ○○」の言い換えや、似た表現は?

「let … ○○」にはたくさんの使い方があるので、相応に書き換えも豊富です。ここでは代表的なものを紹介しておきましょう。

\次のページで「言い換え例:allow/permitを使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: