英語の熟語

【英語】1分でわかる!「hundreds of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「hundreds of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「数百もの」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んだ。一緒に「hundreds of …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「hundreds of …」のを使うときの注意点

image by iStockphoto

one hundred, two hundred, three hundred…というように、数詞を直前においてもhundredは単数形のまま使います。

ところが、「数百もの、何百もの」と数が多い事を表す場合には「hundreds of …」と複数形になる点に注意。「…」には名詞の複数形が入ります。そして「hundreds of …」自体が数詞扱いとなりますので、無冠詞の名詞を使うようにしてください。

意味その1 「数百もの、何百もの」

100が複数ある、ということで「数百もの、何百もの」という意味になります。日本語の意味には現れませんが、manyやseveralをつけて強調することも可能です。

Hundreds of people took part in the demonstration march yesterday.
昨日は何百人もの人がデモ行進に参加した。

He was attacked by hundreds of bees. How poor!
彼は何百匹もの蜂に襲われた。可哀想になぁ!

Nobody steps into this mansion for many hundreds of years.
この邸宅には何百年もの間、誰も足を踏み入れていないのです。

意味その2 「多くの、数多の」

数百ともなればかなり大きな数字です。そこから転じて「数が多い」という意味が生じます。実際にどのくらいの数なのか把握していなくても使えます

Hundreds of guests rushed for the entrance.
多くの客が入場口に殺到した。

Daddy has visited America hundreds of times!
パパはね、アメリカに何回も行ったことがあるのよ!

\次のページで「熟語「hundreds of …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: