今日は生麦事件について勉強していきます。今では日本に多くの外国人が住んでいるが、江戸時代初期はそうでもなく、鎖国体制を貫く日本は外国と関係を築こうとしなかった。

しかし、1854年に日本が開国すると多くの外国人が訪れるようになり、そんな折に起こったのが生麦事件です。今回、そんな生麦事件をいきさつから分かりやすく日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から生麦事件をわかりやすくまとめた。

外国・外国人に対して高まる不満

image by PIXTA / 31418863

ペリーの来航と鎖国の終わり

生麦事件が起こったのは1862年ですが、その10年前の1852年のこと、東インド艦隊司令長官に就任したアメリカの軍人・ペリーは、日本に対して開国の交渉を依頼する大統領の親書を手渡すように指示されました。そこでペリー日本に向けて出航、翌1853年に浦賀(神奈川県横須賀市東部)に入港します。

そして上陸すると、幕府の代表として現れた戸田氏栄と井戸弘道に大統領の親書を手渡しました。こうして開国を要求したペリーでしたが、結局その時点では具体的な協議は行われず、幕府からは結論を翌年に持ち越したいと猶予を求められます。

このため一旦引き返して琉球へと立ち寄りますが、翌1854年に7隻の軍艦を率いて横浜に現れると、開国を求めるペリーに対して日本は日米和親条約を締結させました。この条約締結によって日本は下田と箱館を開港、200年以上続いた鎖国体制が終焉を迎えたのでした。

日米修好通商条約の締結と外国人に対する不満

一方の日本は、長く鎖国体制を維持してきたことからペリーが来航した時は大混乱しました。そして開国したさらに4年後、今度は日本とアメリカとの間に日米修好通商条約が締結されますが、この条約は日本にとって不利なものであり、庶民の不満は高まっていきます。

その不満は日米修好通商条約を天皇に無許可で調印した幕府に対してはもちろん、外国・外国人に対しても向けられました。このため日本では外国人を追い払う攘夷の思想が広まり、さらに幕府に対する不信感から天皇による政治を望む声も生まれます。

天皇を尊ぶこと……それを「尊王」と呼び、外国人を追い払うこと……それを「攘夷」と呼び、それぞれの考えをあわせた思想を「尊王攘夷」と呼びました。つまり、日本人にとって外国・外国人は追い払うべき存在であり、攻撃対象でもあったのです。

島津久光と生麦事件

image by PIXTA / 5929391

\次のページで「幕政改革を行った島津久光の帰京」を解説!/

幕政改革を行った島津久光の帰京

薩摩藩の最高権力者・島津久光は、亡き兄・島津斉彬の遺志を継いで朝廷と幕府が協力して政治を行う「公武合体」の思想実現のために力を尽くしていました。しかし薩摩藩の中には反幕府派を謳う尊王派も多く、尊王派は倒幕を目的にした挙兵を計画していたのです。

1862年、島津久光がこれを未然に防いで厳しく取り締まったのが池田屋事件であり、過激な尊王派を鎮圧した功績を称えられた彼は朝廷の信頼を得ます。そして、島津久光は勅使(天皇の意思を直接に伝えるために派遣される使い)にお供する形で、幕府と公武合体にあたっての交渉をしました。

文久の改革を行った島津久光は幕政改革に成功、ひとまずの目的を果たしたことで帰京します。400人のお供を引き連れた島津久光の大名行列は、武蔵国橘樹郡の生麦村を通りました。生麦村は景色が美しく、多くの外国人が訪れる人気の観光スポットです。

生麦事件の発生

島津久光の大名行列の前方に4人の外国人がいました。本来、大名行列が通る時には脇によって通り過ぎるのを待つのがマナーとして常識で、敬意を表して道を譲らなければなりません。しかし、この4人の外国人達はそんな素振りを一切見せずに島津久光の大名行列に向かってきたのです。

この行為は当時において完全なマナー違反であり、無礼な行為にあたります。このため島津久光のお供についていた薩摩藩士が抜刀、4人の外国人達に斬りかかって攻撃しました。この4人の外国人はいずれもイギリス人で、そのうちの一人のチャールズリチャードソンはその場で殺害されてしまいます

さらに2人が負傷、残り1人は女性だったため薩摩藩士も攻撃をためらって無傷ですみました。1862年、生麦村で起こった島津久光のお供の薩摩藩士によるイギリス人殺傷事件……これが生麦事件であり、薩摩藩はこの事件を知ったイギリスから怒りを買ってしまうのです。

生麦事件後のイギリスの対応

image by PIXTA / 50010961

混乱する幕府に対するイギリスの要求

生麦の2日後、代理公使のニールが外国奉行の津田正路と生麦事件についての会談を行います。外国奉行とは、文字どおり外交担当を務める幕府の役職の一つで、ニールは実行犯の差し出しを繰り返し要求しましたが、幕府はその対応に悩んでいました。

島津久光は薩摩藩の人間であり、幕府の人間ではありません。このため幕府の人事の問題にまで介入する島津久光が疎ましく、もしかすると幕府を困らせるために故意に事件を起こしたのではないかとさえ噂されたのです。その一方で抗議するイギリスも怖く、冷静に対策を考えられる状態ではありませんでした。

また、朝廷に至っては生麦事件を起こした島津久光を称えるほどで、攘夷派で知られる孝明天皇は自ら出向いて褒めたそうです。最も、公武合体を目指す島津久光にとってこのように攘夷一色になることは決して嬉しくなく、京都が攘夷派で支配されている現状に耐えられず故郷・鹿児島へと戻っていきました。

\次のページで「幕府との交渉成立、そして薩摩藩へ」を解説!/

幕府との交渉成立、そして薩摩藩へ

1863年、生麦事件の処理が深刻化します。イギリス外務大臣・ラッセル伯爵はニールに対して訓令を出し、幕府に謝罪と賠償金の支払いを要求させたのです。さらに「薩摩藩に対しては直接交渉した上、賠償金の支払いと実行犯の処罰を要求する」と幕府に通告しました。

ニールは幕府に圧力をかけようとイギリス・フランス・オランダ・アメリカの四か国艦隊で入港、そのため幕府はニールの要求どおり賠償金の支払いに応じる姿勢を見せます。しかし、孝明天皇が攘夷を命令したため、幕府は一変して賠償金の支払いに対して拒否しました。

これに怒ったニールは引き連れていた艦隊に戦闘準備を命令、緊張感漂う中、結局幕府は折れて賠償金を支払います。幕府との交渉を終えたイギリス、次に交渉すべき相手は生麦事件を起こした薩摩藩であり、そこで薩摩藩に圧力をかけようと軍艦7隻を鹿児島湾に入港させたのです。

薩英戦争とその後の薩摩藩とイギリス

image by PIXTA / 29518930

薩英戦争と意外な結末

イギリスと薩摩藩の交渉はうまくいきませんでした。そんな中、薩摩藩がイギリス艦隊を砲撃したことで薩英戦争が起こります。イギリスという国に対して日本という国ではなく一つの藩でしかない薩摩藩が戦争するのはそもそも無謀、しかもイギリス艦隊は世界最強と謳われるほどの実力を持っていました。

当然薩英戦争はイギリスの圧勝に思われましたが、予想外にも薩摩藩はイギリスと互角に戦います。大砲を破壊されるも退かずに反撃、城下市街地の10分の1相当が焼失する被害を被るものの、世界最強のイギリス艦隊が撤退を余儀なくされるほど追い詰めたのでした

薩英戦争に勝利できなかったイギリスでしたが敗北したわけでもなく、それは薩摩藩も同じことのため、薩英戦争は「どちらも勝ってはいないが負けてもいない」という形で決着したのです。薩摩藩の善戦は、「日本は侮れない」と外国に知らしめることになりました。

薩摩藩とイギリスの間に芽生えた友好関係

薩英戦争の後、薩摩藩とイギリスは講和交渉を行います。交渉の場ではお互いをお互いを責めて交渉決裂が続くものの、その過程でイギリスは薩摩藩を評価するようになっていきました。一方の薩摩藩もイギリスの軍事力の高さを評価、意外にもお互い認め合う形になったのです。

こうしたことから関係を深めていった薩摩藩とイギリスは、やがて友好関係を築きます。その2年後には公使のハリー・パークスが薩摩を訪問していますし、通訳官のアーネスト・サトウは多くの薩摩藩士と個人的な関係を築いたそうで、まさに「昨日の敵は今日の友」が再現されたのです

薩摩藩はイギリスを友好関係を結んだことで最新武器の購入も可能になり、藩としてより強くなりました。とは言え、薩英戦争によって薩摩藩は外国の軍事力の高さを身をもって知り、そのため薩摩藩の攘夷派も攘夷は不可能だと悟るようになったのです。

\次のページで「薩摩藩と島津久光のその後」を解説!/

薩摩藩と島津久光のその後

image by PIXTA / 40307092

その後の薩摩藩

島津久光の公武合体の思想は参与会議の開催によって実現間近のところまできましたが、将軍・徳川慶喜との衝突が絶えず、そのためせっかくの参与会議もほんの数ヶ月で崩壊しました。これによって島津久光は公武合体の実現に行き詰まり、倒幕へと考えを改めます。

イギリスとの交流で最新武器を購入できる立場にあった薩摩藩でしたが、幕府に戦って勝利するのは兵力的に難しく、そのため倒幕を目指す多くの同志を仲間にしたいところでした。そんな時、坂本竜馬の活躍によって薩摩藩と長州藩は同盟を締結させます

これが1866年の薩長同盟であり、この同盟の締結は薩摩藩にとっても長州藩にとっても大きなプラス効果をもたらしました。薩摩藩は仲間が増え、長州藩は武器が手に入り、そのため薩長同盟の締結は倒幕実現の基盤を築くことになったのです。

その後の島津久光

倒幕を果たした後、新たに政治を行うことになった明治政府は島津久光に協力を仰ぎます。島津久光は倒幕の功労者ですから、明治政府も新たな政治政策を理解してもらうために必死となり、そのため何度も彼に上京してほしいことを伝えるのでした。

頑なにこれを拒否する島津久光でしたが、数年経った後にようやく上京すると内閣顧問や左大臣へと任命されます。しかし政治政策において明治政府と何度も衝突を繰り返し、最終的には政府の意思決定から実質的に排除され、左大臣の辞表を提出して故郷の鹿児島へと戻りました。

晩年は島津家に伝わる史書の著作・史料を寄せ集めるなど、国学好きな彼らしい過ごし方をしています。元薩摩藩の士族達が明治政府と西南戦争を起こした時も島津久光は関係しておらず、それでも明治政府の政治政策には最後まで反対して廃刀令なども一切無視する態度を貫いたそうです。

生麦事件は薩英戦争が起こった原因である

開国後、薩摩藩はなぜイギリスと親しくなったのか?なぜイギリスは幕府ではなく薩摩藩と親しくなったのか?……幕末の歴史において、薩摩藩とイギリスの友好関係を疑問に思う人は多いでしょう。

その答えが今回の生麦事件にあります。薩摩藩とイギリスが親しくなったきっかけは薩英戦争であり、その薩英戦争が起こったきっかけとなったのが生麦事件なのです。

" /> 薩英戦争が起こった原因!「生麦事件」について元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説 – Study-Z
幕末日本史歴史江戸時代

薩英戦争が起こった原因!「生麦事件」について元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

今日は生麦事件について勉強していきます。今では日本に多くの外国人が住んでいるが、江戸時代初期はそうでもなく、鎖国体制を貫く日本は外国と関係を築こうとしなかった。

しかし、1854年に日本が開国すると多くの外国人が訪れるようになり、そんな折に起こったのが生麦事件です。今回、そんな生麦事件をいきさつから分かりやすく日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から生麦事件をわかりやすくまとめた。

外国・外国人に対して高まる不満

image by PIXTA / 31418863

ペリーの来航と鎖国の終わり

生麦事件が起こったのは1862年ですが、その10年前の1852年のこと、東インド艦隊司令長官に就任したアメリカの軍人・ペリーは、日本に対して開国の交渉を依頼する大統領の親書を手渡すように指示されました。そこでペリー日本に向けて出航、翌1853年に浦賀(神奈川県横須賀市東部)に入港します。

そして上陸すると、幕府の代表として現れた戸田氏栄と井戸弘道に大統領の親書を手渡しました。こうして開国を要求したペリーでしたが、結局その時点では具体的な協議は行われず、幕府からは結論を翌年に持ち越したいと猶予を求められます。

このため一旦引き返して琉球へと立ち寄りますが、翌1854年に7隻の軍艦を率いて横浜に現れると、開国を求めるペリーに対して日本は日米和親条約を締結させました。この条約締結によって日本は下田と箱館を開港、200年以上続いた鎖国体制が終焉を迎えたのでした。

日米修好通商条約の締結と外国人に対する不満

一方の日本は、長く鎖国体制を維持してきたことからペリーが来航した時は大混乱しました。そして開国したさらに4年後、今度は日本とアメリカとの間に日米修好通商条約が締結されますが、この条約は日本にとって不利なものであり、庶民の不満は高まっていきます。

その不満は日米修好通商条約を天皇に無許可で調印した幕府に対してはもちろん、外国・外国人に対しても向けられました。このため日本では外国人を追い払う攘夷の思想が広まり、さらに幕府に対する不信感から天皇による政治を望む声も生まれます。

天皇を尊ぶこと……それを「尊王」と呼び、外国人を追い払うこと……それを「攘夷」と呼び、それぞれの考えをあわせた思想を「尊王攘夷」と呼びました。つまり、日本人にとって外国・外国人は追い払うべき存在であり、攻撃対象でもあったのです。

島津久光と生麦事件

image by PIXTA / 5929391

\次のページで「幕政改革を行った島津久光の帰京」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: