物理物理学・力学理科

多くの人が勘違い?「作用・反作用の法則」を理系ライターがわかりやすく解説

今回はニュートンの運動の第3法則「作用・反作用の法則」について解説していこう。

ニュートン運動の法則は力学の基礎の基礎ですが、これを構成する3つの法則はどれをとっても概念的にはとても高度です。
その中でも、「作用・反作用の法則」というヤツは、なかなか理解するのが難しい法則です。わかっているつもりでも多くの人が間違っているんです。「作用・反作用の法則」について物理系ライターのタッケさんと解説するぞ。

ライター/タッケ

物理学全般に興味をもつ理系ライター。理学の博士号を持つ。専門は物性物理関係。高校で物理を教えていたという一面も持つ。

作用反作用の法則について

image by iStockphoto

作用・反作用の法則はニュートン運動の法則の第3法則

ニュートン運動の法則として次の3つの法則が知られています。

第1法則  慣性の法則
第2法則  運動の法則
第3法則  作用・反作用の法則

第1法則である慣性の法則ついては以下の記事も参考にしてください。

および慣性の法則に関連する慣性力については以下の記事が参考になります。

\次のページで「作用・反作用の法則は簡単?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: