英語の熟語

【英語】1分でわかる!「I hear (that) ~.」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「I hear (that)~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜だと聞いています。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「I hear (that)~」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Lillygirl

英会話がだいすきな現役英語講師。中学時代は苦手だった英語を克服し、今では英語なしの生活はありえない。
「わかりやすく」をモットーに優しい解説を。

熟語「I hear (that)~」の意味は?

image by iStockphoto

今回の熟語「I hear (that)~」は、うわさや評判、裏話のトークの際に使われます。
多くの人は、うわさ話をしたことがあるのではないでしょうか。

「〜だと聞いたよ」という表現を英語でできるように、「I hear that~」の意味と使い方をみていきましょう。

「I hear that ~」を使いこなそう

「hear」という単語には、「きく」という意味があります。
それで、「I hear that 」の続きに自分がうわさで聞いたことをつなげると、「〜だと聞いたよ」と伝えられるでしょう。

「I hear that~」が使えるシチュエーションは、話題が推測の域を出ない場合です。
うわさ、評判や裏話などが、あくまでも事実かどうかわからない範囲で使ってみましょう。

 

I hear that she moved to LA.
彼女はLAに引っ越したって聞いたよ。

I hear that the new store is opening soon.
あの新しいお店、もうすぐオープンって聞いた。

I hear that his grandfather is in the hospital now. 
彼のおじいちゃん、今入院中って聞いたよ。

「Did you hear that?」でワンステップ進もう

「I hear that 〜」の場合は、話が推測の範囲から出ないことが条件でした。

今度は、噂が本当だった場合に他の人に伝える方法を考えましょう。
使うのは「Did you hear that ~?」。
「Did you hear that?」で一回文を切って、伝えたい情報を分けることもできます。
「〜ってもう聞いた?」と聞いて必要な情報を他の人に伝えたり、話を広げてみましょう。

Did you hear that his grandfather was discharged? 
彼のおじいちゃん退院したって聞いた?(知ってた?)

Did you hear that? She got merried in LA! 
もう聞いた?彼女、LA行って結婚したって!

Did you hear that Mike works at the new store?
マイクが新しいお店で働きはじめたって聞いた?

\次のページで「熟語「I hear that~」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: