三国時代・三国志世界史中国史歴史

三国時代の幕開け!三国志最大の反乱「黄巾の乱」を中国史マニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は、三国志最大の反乱「黄巾の乱」について、勉強していこう。官軍に鎮圧されたその乱は、何故起きたのか。何故最大といわれるほど大きいものとなったのか。三国時代はまさにこの乱から始まったんだ。

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Kana

年間100冊以上を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は『黄巾の乱』について、わかりやすくまとめた。

当時の民の暮らしとは、朝廷の政策とは

image by iStockphoto

 この乱の原因を探っていくと、先代の13第皇帝である「桓帝」(かんてい)に行き当たります。桓帝には子がおらず、跡継ぎは桓帝(の妻たちによって擁立された第14第皇帝の「霊帝」(れいてい)になりました。しかし、霊帝は帝としてはあまりにも富を持たない人物でした。それでも国庫に蓄えがあれば良かったのですが、先代皇帝の桓帝は宦官を重用していたため、この時点で国庫は空になっていたいました。

 そこで霊帝は、売官という制度を実施するのです。政治から公正性は失われ、全ての官位はお金で売買されました。役人は出世の為に重税を課し、民は酷く苦しめられたのです。さらにこの政策は別の争いも生みました。

 朝廷内では、霊帝(を擁立した皇后一派と、桓帝健在の頃に重用された宦官たちとの間に権力争いが行われていました。この頃の朝廷内での権力と言えばお金そのもの、つまり財力です。財力を得るために官位の売買が激しくなる、高い官位が欲しい地方役人たちなどが、民に重税を課して資金を得ようとする、まさに民にとっては朝廷によってもたらされた最悪の時代なのでした。

 奇しくもこの頃、地方では飢饉が続発しており、それも相まって民の暮らしは想像を絶するものに違いありませんね。

黄巾党の首謀者「張角」とは

 そんな中「頂角」(ちょうかく)という人物が、奇跡の力を持って『太平道』という宗教を興しました。頂角の持つ奇跡の力とは、祈祷によって病を治すというもの、当時医師に診てもらえるのは高位の身分の、ほんの一部の人間だけでした。

 はじめは、怪しいと民たちに受け入れられなかった頂角でしたが、その巧みな話術とプラシーボ効果で信者の獲得に成功していきました。民たちも、もはや何も信じられない朝廷よりは、マシだと思ったのでしょう。つまり『黄巾の乱』を起こした者達は、『太平道』(たいへいどう)の信者を中心とした民たちです。ここから黄巾の乱とは『乱』というにはやや違和感を覚えます。ただの反乱ではなく、黄巾党の蜂起といった方が正しいのではないでしょうか。

 『黄巾党』を率いていた張角は、若い頃から政治に興味があったのか、一度は役人の試験を受けているのです。残念ながら落ちてしまうのですが、太平道という宗教を立ち上げてからは、数十年という時をかけて何十万という信者の獲得に成功したのでした。

「黄巾党」にはどんな人物がいた?

 ここで、張角以外にも黄巾党として蜂起に参加した武将たちについても、勉強していきましょう。

 「張宝」(ちょうほう)とは張角のすぐ下の弟です。太平道の立ち上げの時から、張角の補佐をしていました。『地公将軍』(ちこうしょうぐん)を自称し、黄巾党の蜂起が起こった時には、張角は病を患っていたため、実質的な指揮は彼がとっていたのではないかと思います。

 「張梁」(ちょうりょう)とは張角・張宝の弟です。張宝と同じく、太平道立ち上げの頃から張角に従っていました。蜂起の時には『人公将軍』(じんこうしょうぐん)と名乗り、討伐軍と戦いました。

 「張曼成」(ちょう まんせい)とは『南陽』(なんよう)で民衆を集め挙兵した指導者の一人です。

 「波才」(はさい)とは『潁川』(えいせん)で民衆を集め挙兵した指導者の一人ですが、波才は『三国志演義』には登場しません。

 「唐周」(とうしゅう)とは、黄巾党の蜂起に参加した張角の腹心でしたが、どうやら二心を抱いていたようでした。

 「張燕」(ちょうえん)とは『黄巾の乱』発生時、それに呼応するように各地の盗賊を率いて暴れまわった人物です。『黒山衆』という100万を超える山賊や罪人などを率いた頭領でした。

 黄巾党の代表的な武将といえば、こういった人物たちでした。それぞれ腕が立ったり、優れた兵法を駆使したりと、討伐軍を苦戦させた武将たちでした。

次のページを読む
1 2 3
Share: