日本史

長州藩を窮地に追い込んだ事件!「禁門の変」を元塾講師が分かりやすく5分で解説

よぉ、桜木建二だ。今日は禁門の変について勉強していくぞ。禁門の変とは蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)とも呼ばれるもので、1864年の江戸時代に京都で起こった武力衝突事件のことだ。

この戦いでは長州藩が敗北するが、実は戦った相手とは後に長州藩と同盟を結んだ薩摩藩であり、なぜ長州藩と薩摩藩は争ったのだろうか。その点も含め、今回禁門の変について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

shintomoyui0311

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から禁門の変をわかりやすくまとめた。

禁門の変とその原因の根本となったこと

image by PIXTA / 12830525

禁門の変とは

1864年、京都御所にて長州藩と薩摩藩を中心とする幕府の勢力が武力衝突、京都市中の3万戸ほどが焼かれるほどの大きな戦いになります。これが禁門の変であり、この戦いの戦況は当初長州藩が有利でしたが、西郷隆盛が薩摩藩の兵を率いて参戦するとたちまち形成は逆転、結果長州藩の敗北に終わりました。

さらに、長州藩にとって災いしたのが京都御所が戦場になったことです。御所とは天皇、もしくは特に位の高い貴人の邸宅のことであり、長州藩が御所に向けて発砲したため朝廷の怒りを買い、戦いの後長州藩は朝敵(天皇とその朝廷に敵対する勢力)とみなされてしまいました。

力を持っていた長州藩も朝敵とみなされた事実は致命傷になり、幕府による長州征討を受けてしまい、さらには外国人を攻撃していたことに対する報復も受けてしまいます。まさに国内外から集中砲火を受ける状況となり、そのため長州藩は滅亡の危機にまで陥る結果となりました。

禁門の変の原因の根本にある2つの政治思想

戦いが起こるからには必ずその原因となるものがあります。禁門の変においてもそれは例外ではありませんが、そのいきさつは少々複雑で話をさかのぼって考えなければなりません。まず、禁門の変が起こった原因の根本にあるのは「公武合体」と「尊王攘夷」の2つの政治思想です。

当時の日本には、「朝廷と幕府が協力した政治」を思想とする公武合体「天皇中心となって外国人を排除する政治」を思想とする尊王攘夷、2つの政治思想がありました。そして、長州藩は後者……つまり尊王攘夷の思想を掲げていたのです。

しかも長州藩のその思想は暴走するほど強く過激なものであり、そんな長州藩を内心疎ましく思っている大きな存在が3つありました。1つ目に幕府、2つ目に薩摩藩、3つ目に天皇。この状況の中、様々な衝突や問題の果てに起こった事件が禁門の変なのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

政治思想の違いは争いの種になる。公武合体の思想を持つ者からすれば尊王攘夷を思想を持つ者は敵であり、また公武合体に関係する者からも嫌われるだろう。この長州藩の現状が、禁門の変が起こった原因になってくるのだ。

尊王攘夷派・長州藩の暴走と失墜

image by PIXTA / 54010712

薩摩藩、幕府、天皇に嫌われた長州藩

長州藩に並んで力を持つ藩として薩摩藩がありましたが、薩摩藩は公武合体の思想を持っており、そのため長州藩は相容れない存在でした。また、長州藩の思想である尊王攘夷は天皇中心の政治を目指しており、日本を統治していた幕府にとっては目障りな思想です。

このため薩摩藩は異なる思想を持つ長州藩を嫌い、また天皇中心の政治を望んでいるという点で幕府も長州藩を嫌っていました。要するに公武合体派と尊王攘夷派の争いですが、ここで強かったのは過激なまでの思想を掲げる長州藩で、同時にその過激な思想が命取りにもなってしまいます。

と言うのも、当時天皇だった孝明天皇は攘夷派のため、本来なら長州藩を味方するはずなのですが、長州藩のあまりに過激な思想による暴走はさすがに支持できなったのです。攘夷のために戦争するつもりのない孝明天皇にとって、例え同じ攘夷の思想を掲げていても過激すぎる長州藩は排除すべき存在でしかありませんでした。

長州藩を京都から追放させた八月十八日の政変

暴走する長州藩を止めるべく行われたのが1863年の八月十八日の政変でした。攘夷親征計画(天皇自ら兵を率いて攘夷を実行させるための計画)のクーデターを企む長州藩に対して孝明天皇・薩摩藩らもクーデターによってこれを阻止する……つまり、八月十八日の政変とはカウンタークーデターです

そして八月十八日の政変によるカウンタークーデターは見事成功、長州藩とそれに味方していた公家達は京都からの追放処分を受けました。この結果に長州藩は薩摩藩を強く恨んだとされており、京都追放された後も再び京都で政局に復帰することを諦めなかったのです。

しかし京都での政局復帰は実質難しく、なぜなら薩摩藩を中心とした公武合体派が既に京都を抑えていたからですね。そのため、長州藩の内部でも「武力行使で京都進軍を目指す意見」「慎重に動くべきとする意見」に分かれまずが、これは後者の意見を支持する者が多かったとされています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

過激な尊王攘夷派だった長州藩は公武合体派の薩摩藩や日本と統治する幕府からはもちろん、同じ攘夷派の孝明天皇にすら嫌われた。そこでクーデターを起こす計画を練るも逆にクーデターで返されてこれも失敗、ついには京都から追放されてしまったのだ。

禁門の変の発生と結果

image by PIXTA / 49034854

池田屋事件に激怒、京都への進軍を決意した長州藩

政局復帰への方法として京都への進軍を提案する意見が少なかったのは、追放された上に京都で戦いを起こせば長州藩が朝敵とみなされてしまうことを怖れたからでしょう。このため長州藩の内部では慎重に動くべきという意見が多数を占めてしましたが、その状況を一変させたのが1864年の池田屋事件です。

八月十八日の政変で京都を追放された一部の攘夷派は、実は京都に潜伏しており、公武合体派の有力人物の幽閉・殺害のための挙兵を密かに企てていました。また、尊王攘夷を思想としている彼らは京都に火を放ち、天皇を長州藩に迎えることまで計画していたのです。

そんな不穏な動きを見せる京都に潜む攘夷派、これを発見して襲撃したのが新選組でした。計画を練るため宿で密会する有力な攘夷派を一斉に襲撃して殺害、これが池田屋事件であり、事件を知った長州藩は激怒、出兵して京都に進軍することを決意したのです。

禁門の変に敗北、朝敵とみなされた長州藩

京都に進軍した長州藩は「八月十八日の政変で藩主に罪がないこと」「京都を追放された尊王攘夷派の公家を復帰させること」など朝廷に訴えようとしますが、朝廷はこれを拒否、長州藩に退去命令を下します。一方、長州藩はそんな朝廷の命令を拒否、これで完全に交渉は決裂しました。

退去しようとしない長州藩に対して京都を抑える会津藩が攻撃、こうして京都御所にて戦い……すなわち禁門の変が起こったのです。この戦いで優勢となったのは長州藩で、会津藩を襲撃しつつ門を突破して京都御所内まで侵入していきます。

しかし、不利な状況の中で会津藩に援軍が到着、その援軍こそ西郷隆盛率いる薩摩藩でした。武力に長けた薩摩藩が戦いに加わってことで形勢は逆転、次々を主力を倒された長州藩は敗北、また京都御所に向けて発砲したことで長州藩は朝敵とみなされてしまいました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

長州藩が京都に進軍したのは戦いではなく抗議が目的だったわけだな。しかし朝廷にそれを拒否されて京都を抑える会津藩や薩摩藩と衝突、これが禁門の変だ。そして、朝敵とみなされた長州藩はこの先さらに窮地に陥ることになるぞ。

長州藩滅亡の危機

image by PIXTA / 13998346

幕府による長州征討と外国による四国艦隊下関砲撃事件

朝敵となった長州藩はまさに日本の敵状態であり、これをチャンスと捉えたのが幕府でした。幕府を頼りとしない尊王攘夷の考えは幕府からすれば当然面白くなく、そのため幕府は長州藩を嫌っていたのです。今なら朝敵であることを理由に長州藩を叩ける、幕府はそう思ったのでしょう。

そこで幕府は長州藩を征伐するための長州征討を実行、それも朝廷から勅許を得てのことでした。一方、朝敵とみなされた長州藩は武器を購入することもできず、攻撃を仕掛けてくる幕府に対してもはや太刀打ちするだけの力は残っていません。

これに追い打ちをかけたのが、長州藩の過激な尊王攘夷運動に対する外国の報復です。イギリス・フランス・アメリカ・オランダの四か国の連合艦隊が長州を攻撃する四国艦隊下関砲撃事件が起こり、戦力が大幅に低下した長州藩は幕府と交戦することなく幕末の要求を受け入れたのでした。

攘夷の断念から倒幕へ

四国艦隊下関砲撃事件は長州藩を滅亡の危機に陥れましたが、同時に長州藩が窮地から脱出するきっかけにもなりました。と言うのも、この事件をきっかけに長州藩は外国の軍事力の高さを実感し、攘夷が不可能だと思い知ったからです。

このため、長州藩は長年思想としていた尊王攘夷を断念して倒幕へと考え方をシフトチェンジ、この方向転換が後に長州藩を窮地から救うことになります。実は外国の軍事力の高さを実感していたのは長州藩だけではありません、薩摩藩もまたそれを実感していたのです。

薩摩藩は薩英戦争の経験で長州藩同様に外国の軍事力の高さを思い知っており、今の日本では外国に対抗できないと思っていました。薩摩藩が公武合体を思想としていたのは、日本が一つにまとまらなければ外国と対等に渡り合えないと考えていたからで、幕府の頼りなさから薩摩藩もまた倒幕を考えるようになったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

朝敵とされた長州藩は幕府に攻撃され、また外国から尊王攘夷運動の報復も受けて滅亡の危機に晒された。ただ外国の強さを知ったことは尊王攘夷の思想を改める機会となり、倒幕へとシフトチェンジしたことで事態は思わぬ方向へと進んでいくぞ。

長州藩の未来を変えた倒幕への切り替え

image by PIXTA / 49757411

薩長同盟の実現

倒幕へと考えを変えたものの、武器のない長州藩にとってそれを実現するのは不可能でした。そんな長州藩にとって羨むべき存在だったのが薩摩藩で、なぜなら薩摩藩は薩英戦争の末にイギリスと親しくなり、イギリスから最新武器を購入できる状況にあったからです。

一方、薩摩藩もまた倒幕を考えていましたが、最新武器を手にしつつそれを実現できずにいたのは兵力の問題でした。幕府という巨大な敵と戦うには少しでも多くの兵力が必要ですからね。長州藩と手を組めば倒幕も可能かもしれませんがそれは難しく、何しろ禁門の変によって両藩は犬猿の仲になっていたからです。

そんな両藩を仲介して関係修復させたのが坂本竜馬で、薩摩藩と長州藩は1866年に薩長同盟を内密に結びます。薩長同盟の内容は倒幕というよりもお互いの藩を守る意味合いが強いものでしたが、これが倒幕を実現させる基盤となったことに違いありません。

禁門の変のまとめ

禁門の変を簡単にまとめると次のようになります。尊王攘夷の思想により幕府や薩摩藩から嫌われていた長州藩、しかもその思想や行動が過激だったことから、同じ攘夷派である孝明天皇にまで疎まれる存在でした。長州藩は攘夷実現のクーデターを企むも、逆に孝明天皇や薩摩藩らにクーデターを返されてその企みは失敗に終わります。

これが1863年の八月十八日の政変であり、長州藩及び尊王攘夷派は朝廷より京都からの追放を命じられる処分を受けました。こうして政局から追い出された形となった長州藩でしたが、それでも政局復帰を諦めず、挙兵して京都への進軍を考えます。

藩内では進軍に反対する意見があったものの、池田屋事件で有力な尊王攘夷派を殺害された長州藩は激怒、京都への進軍を決意しました。しかし長州藩の訴えを朝廷は拒否、それでも退かない長州藩に対して会津藩が攻撃して交戦……この戦いが禁門の変であり、薩摩藩の援軍によって敗れた長州藩は朝敵とみなされてしまったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

尊王攘夷から倒幕へと考えを変えたことが、結果的には長州藩と薩摩藩が同盟を結ぶまでに至った。禁門の変の影響で滅亡しかけた長州藩はこれで力を取り戻し、これ以降歴史は幕末から明治維新へと大きく動いていくぞ。

禁門の変のキーは「人物」ではなく「藩」である

歴史的戦い・事件では大抵キーとなる人物がいるものですが、禁門の変のキーとなるのは人物ではなく藩でしょう。禁門の変は長州藩が京都に進軍したことで起こった戦いですが、そもそも長州藩は何の目的で進軍したのでしょうか。

そして禁門の変の後、長州藩はどうなったのでしょうか。これらの疑問から分かるとおり、禁門の変は長州藩の視点から流れを追うと理解しやすく、そのためここでもそれを意識した解説をしておきました。

Share:
shintomoyui0311