現代社会

簡単でわかりやすい「岡崎久彦」!著書や陸奥宗光との関係・集団的自衛権も歴史好きライターが詳しく解説

岡崎久彦の祖父である岡崎邦輔とは?

image by iStockphoto

陸奥宗光のいとこで岡崎久彦の祖父である岡崎邦輔も、有能な政治家でした。あまり知られていない人物ですが、どのような政治家だったのでしょうか。

異名は「政界の策士」

岡崎久彦の祖父で陸奥宗光のいとこである岡崎邦輔(おかざきくにすけ)政治家として活躍しました。ただし、教科書に乗るような、表舞台で活躍したわけではありません。むしろ、裏方としてグループのリーダーを支える役目を担っていました。そのため、岡崎邦輔に付けられた異名は、「政界の策士」「政界の寝業師」などといったものです。

1891(明治24)年、陸奥宗光の政治活動を支援するために、岡崎邦輔は総選挙に出馬して当選。自由党に参加すると、隈板内閣倒閣や立憲政友会結成に関わります。その後、第一次護憲運動では第3次桂太郎内閣を総辞職に追い込み第二次護憲運動では護憲三派内閣の成立に尽力しました

岡崎邦輔は原敬を支え続けた

岡崎邦輔は当初いとこの陸奥宗光を支えました陸奥の死後はやはり陸奥から目をかけられていた星亨の側近となります1900(明治33)年に成立した第4次伊藤博文内閣では星亨逓信大臣と岡崎邦輔逓信大臣官房長という立場でした。しかし、翌年に星が亡くなり、岡崎邦輔はしばらく政界から離れます。

政界に復帰後は政友倶楽部を経てから立憲政友会に戻り原敬を支え続けました。原も陸奥宗光の庇護を受けていたのです。立憲政友会の幹部となった岡崎邦輔は党の調整役として活躍し「平民宰相」を生む原動力となりました。1936(昭和11)年に亡くなるまで、一貫して「政界の策士」ぶりを発揮していたのです。

岡崎久彦と集団的自衛権との関わりは?

image by iStockphoto

最後に、岡崎久彦と集団的自衛権との関わりについて見ていくことにしましょう。

\次のページで「安倍内閣の有識者委員に就任」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: