雑学

簡単でわかりやすい慟哭と号泣の違い!漢字の意味や例文も文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では慟哭と号泣の違いについて見ていきます。どちらも泣くことを表す熟語ですが、声を上げて泣くのか、激しい動作をともなって泣くのかによって細かな違いがあるようです。違いがわかりにくいので、戸惑ってしまうかもしれない。
今回はそんな熟語の違いを字義から確認しつつ、涙もろい文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒にみていきます。

ライター/海辺のつばくろ

年を取ったせいか、最近ちょっとしたことで涙もろくなった文学部卒ライター。

慟哭と号泣のざっくりした違い

image by iStockphoto

慟哭も号泣も類語の関係で、ひどく泣く様子を表す言葉。しかし、慟哭は悲しみや苦しみにさいなまれて身をよじるくらいの身振り手振りが加わることを表します。号泣は声がかなり大きいことをいいますが、体の動きについては言及されていません。

慟哭の意味

image by iStockphoto

慟哭(どうこく)の意味は、悲しみに耐えきれないくらい激しく泣くこと。強い悲しみで身振りが大きくなること大声を出すなど、激しい動作をともなって泣くような様子をいいます。

慟哭:それぞれの字義

慟哭のそれぞれの字義は以下の通りです。

・「慟」:「なげく」こと。身悶え(みもだえ:苦しみなどのために身をよじって動く)するくらい悲しむ様子。
・「哭」:「なく」こと。大声を上げて泣く様子。

\次のページで「慟哭の使い方と例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: