現代社会

なぜ政友会は二大政党制を維持できなかった?その理由を他の二大政党制時代とともに行政書士試験合格ライターが簡単にわかりやすく解説

今回は、政友会について学んでいこう。

政友会は多くの総理大臣を輩出し、一時は二大政党制になった時期もあったぞ。しかし、その時期は短かったな。なぜ政友会が関わった二大政党制は短命に終わったのでしょうか。

政友会が二大政党制を維持できなかった理由を、他の二大政党制時代とともに、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

政友会が結成されるまで

image by iStockphoto

まずは、政友会が結党されるまでの様子を見ていくことにしましょう。

日本初の政党内閣となった隈板内閣

1898(明治31)年に成立した第3次伊藤博文内閣は当時の衆議院で2大勢力となっていた自由党と進歩党のどちらからも協力を取り付けられませんでした。それが原因で、予算や法案が成立しない事態となります。その結果、第3次伊藤内閣は総辞職に追い込まれたのです

その後に成立したのが第1次大隈重信内閣でした自由党のトップだった板垣退助と進歩党の党首だった大隈重信が手を組み2つの党は憲政党として合流したのです。2人が中心となって内閣を組織したため、第1次大隈内閣は「隈板内閣」(わいはんないかく)とも呼ばれます。隈板内閣は憲政党が主体となって成立した日本初の政党内閣です

伊藤博文が政友会を立ち上げる

隈板内閣は日本の憲政史上初めての政党内閣として成立しました。ところが、隈板内閣はわずか4ヶ月で崩壊します。その理由は、内部対立にありました。与党の憲政党が旧自由党系と旧進歩党系に分裂して対立が激化した結果隈板内閣は総辞職せざるをえなくなったのです

その後伊藤博文は政党政治を画策し1900(明治33)年に立憲政友会を結成しましたその直後に第4次伊藤博文内閣が成立立憲政友会が中心となって内閣が運営されました。やがて立憲政友会は「政友会」という略称でも呼ばれるようになり、多くの総理大臣を輩出することになります。

政友会が関わった主な出来事は?

image by iStockphoto

多くの総理大臣を輩出した政友会。ここでは、政友会が関わった主な出来事を簡単に振り返ってみましょう。

桂太郎と西園寺公望による桂園時代

第4次伊藤博文内閣が総辞職した後およそ10年に渡り2人が交代で総理大臣を務めるような時期が続きましたその2人とは1人が伊藤と同じ長州閥出身の桂太郎もう1人が西園寺公望です。西園寺は、伊藤とともに政友会の旗揚げに参加していました。

その10年間は2人の名前から「桂園時代」と呼ばれます。桂園時代の日本は、日露戦争や重工業の発展などを経て、国際的な地位が向上した時期でもありました。しかし、第3次桂内閣の成立に政友会などが反発第一次護憲運動へと発展して第3次桂内閣は成立からわずか2ヶ月で総辞職せざるをえなくなったのです

\次のページで「平民宰相の誕生と東京駅での暗殺」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: