雑学

3分で簡単にわかる「資産」と「純資産」の違い!考え方や経営指標としての活用法もビジネス文書熟練者が解説!

上記のような「資産」は、企業の財務状況や業績を評価する際の重要な要素となります。正確な「資産」の評価と管理は、企業の健全な運営に不可欠です。

「純資産」の計算方法と意義

「純資産」は「資産」から総負債を差し引くことで求められ、以下のような計算式で表せます。

純資産(自己資本) = 資産 − 負債(他人資本)

上記で求められる「純資産」は、企業の健全性や価値を示す指標として使用されます。「純資産」が高けれは、企業が安定しており、負債に対して十分な「資産」を持っていることを示しているといえるでしょう。

「資産」と「純資産」の経営指標としての活用法

image by iStockphoto

前章までで、「資産」と「純資産」の基本的な考え方の理解を深めてきました。ここからは「資産」と「純資産」の経営指標としての活用法について解説します。

「純資産」の総額の意味

「純資産」の総額は、企業が所有する「資産」の価値から、その企業が支払う必要がある負債の総額を差し引いた金額を意味することは、前章までで示したとおりです。これは、企業の実質的な価値や、企業がどれだけの「資産」を持っているかを示す指標として使用されます。

「純資産」の総額が高いことは、その企業が多くの「資産」を持ち、少ない負債しか持っていないことを示しているといえるでしょう。企業が財務的に健全であり、経済的な困難やリスクに対して強い耐性を持っていることを意味します。また、高い「純資産」の総額は、投資家や取引先からの信頼を得るための重要な要素にもなるのです。

\次のページで「「純資産」の内訳」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: