日本史

簡単でわかりやすい「西園寺公望」生い立ちや政治家・元老としての事績を歴史好きライターが詳しく解説

今回のテーマは「西園寺公望(さいおんじきんもち)」についてです。西園寺公望は明治時代から昭和にかけて活躍した超大物政治家の一人で、総理大臣も務めている。総理大臣としては珍しい公家の出身ですが、戊辰戦争に参加した経歴もある。
引退後も「元老」として政界の黒幕であり続け、70年にわたり政界で活躍した偉人と言えるでしょう。日本の近現代史をテーマに論文を書いたこともあるライター・ねぼけねこと一緒に解説していきます。

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、歴史学・思想史・日本近現代史にも詳しい。

西園寺公望の来歴

まず最初に、西園寺公望の人格・思想形成に大きく関係した事柄を見ていきましょう。彼は公家の生まれなので「いいところのお坊ちゃん」なのは間違いありませんが、それだけで語り尽くせる人柄ではなく、戊辰戦争に積極的に参戦したり、フランス留学時にも大らかに遊んで暮らしたりしています。

このように、国を守ろうとする気概と、貴族的な自由闊達さを兼ね備えている点が彼の大きな特徴と言えるでしょう。そんな西園寺の来歴を解説します。

貴族の家で生まれ育つ

西園寺公望は、生まれも育ちも「公家」です。生まれは日本の清華家の一つである徳大寺家で、さらに二歳の時に、同じ清華家である西園寺家の養子となり、さらにその後は西園寺家の家督を相続しています。

明治天皇よりも三つ年上で、幼い頃は天皇の遊び相手などもしていたとか。こうした生い立ちは、西園寺の性格にも大きな影響を与えました。世界的に見ると、貴族というのは社会変革への意気込みも強いものですが、彼は過激な変革を好まないタイプだったと言えます。

例えば、同時代人である山縣有朋は皇室に絶対的な忠誠心を抱いていました。しかし西園寺はリベラル寄りで、太平洋戦争直前には日本が国粋主義化するのを憂いています。

戊辰戦争で活躍

西園寺公望が歴史の表舞台に初めて登場したのは、戊辰戦争の時です。彼は山陰道鎮撫総督、東山道第二軍総督、北陸道鎮撫総督、会津征討越後口大参謀として各地を転戦し、特に会津戦争では自ら鉄砲を撃ち、銃弾の飛び交う最前線にいたと言われています。

鳥羽・伏見の戦いでは、少年ながら積極的に旧幕府軍と戦うことを主張することもあったとか。このように、「貴族出身のお坊ちゃん」というイメージには収まらない勇壮さも備えた人柄で、19歳の時には新潟府知事にも任じられました。

フランスへ留学

image by iStockphoto

ここまでは西園寺の人格形成に大きく関係した出来事を説明しましたが、彼の思想面に多大な影響を与えたのが1871年からのフランスへの留学です。もともと彼は公家として初めて洋装で参内するなど異彩を放つ存在でしたが、さらなる学識を求めてソルボンヌ大学で学んだのでした。

彼はパリに到着した直後、ちょうどパリ・コミューンに際会したとされています。そして大学では法学者アコラスに師事し、第一次世界大戦時にフランス首相となったクレマンソーや社交界の友人たちと交流しました。

さらに、日本から来ていた中江兆民松田正久との親交も深めています。ここで西園寺が身に付けた自由主義思想は、その後の彼の政治的立ち位置と切っても切り離せないものとなりました。

官界から政治の世界へ入る西園寺公望

ここまでで、若き西園寺公望の血気はやる青年時代について見てきました。戊辰戦争での活躍と登用、そしてフランスでの奔放ぶりは目を見張るものがありますが、次はフランス帰りの彼が政治家への道を歩み始めた経緯を説明します。

\次のページで「「東洋自由新聞」の挫折」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: