雑学

3分で簡単にわかる「秘匿性」と「機密性」の違い!定義や影響・重要性もビジネス文書熟練者がわかりやすく解説!

情報を守ることを意味する言葉として「秘匿性」や「機密性」といった言葉を聞いたことがあるよな。「秘匿性」や「機密性」はどちらも情報セキュリティに欠かせない観点ですが、詳細な違いについて知らない人も多いでしょう。

この記事では、「秘匿性」と「機密性」の定義や実例を解説するとともに、「秘匿性」「機密性」それぞれの影響や重要度についてもビジネス文書作成の熟練ライター西風と詳しく紹介するぞ。この記事を読めば「秘匿性」と「機密性」の違いがわかるようになり、「秘匿性」「機密性」それぞれを適切に把握できるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

ライター/西風

企業にて10年以上にわたりビジネスパーソンとの交流や企画書・論文作成を経験。現在は後進育成にも注力。文章のわかりやすさはもちろん、言葉の意味や使い方にもこだわり、わかりやすく正確な情報をお届け。

秘匿性と機密性の違いとは?

image by iStockphoto

情報を守ることを意味する「秘匿性」と「機密性」。この2つは似ているようで、明確な違いを持った言葉です。ここでは、「秘匿性」と「機密性」の概要について説明していきます。

「秘匿性」とは外部からのアクセスから守ること

「秘匿性」とは、該当となる情報が外部からアクセスされることなく、安全に保持される性質を指す言葉です。これは、企業の重要なデータや個人のプライベート情報が、不正アクセスや漏洩から保護されることを意味します。

「機密性」とは許可された人のみがアクセスできること

「機密性」とは、特定の情報が許可された人のみにアクセス可能である性質を指す言葉です。これは、情報が不正アクセスや漏洩から守られ、信頼性が保たれることを意味します。

「秘匿性」の定義と実例

image by iStockphoto

ここからは、「秘匿性」と「機密性」の違いに着目しながら、まずは「秘匿性」の詳細について解説します。「秘匿性」の定義と実例について見ていきましょう。

「秘匿性」の定義

「秘匿性」とは、情報が第三者や外部の目から隠蔽され、知られることなく安全に保持されることを指します。これは、情報が不正にアクセスされたり、漏洩したりすることを防ぐための重要な概念です。「秘匿性」では、情報が外部の脅威から適切に保護されることで、情報の完全性、つまり情報が改ざんされずに保持できます。また、利用可能性、つまり情報が必要な時に適切にアクセスできることを保つことも可能です。

このように、「秘匿性」は情報の安全性を保ち、個人のプライバシーや企業の重要なデータを守るために、極めて重要な概念といえるでしょう。

\次のページで「「秘匿性」の実例」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: