雑学

簡単に分かる「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」の違い!バイオマス発電はどっち?院卒日本語教師が分かりやすく解説!

ここ数十年くらい地球温暖化や気候変動などの環境問題が世界規模で話題になっていますね。え、何?よく知らない?オイオイ。受験生も社会人も、これくらいの時事の知識は頭に入れておかないとこれから先で本当に苦労します。

そんな環境問題の救世主になるかもしれないのが「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」です。この両者は微妙に違いがあるんですが、知っているか?

今回はそんな「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」の違いを、言葉の違いに詳しい院卒日本語教師の”むかいひろき”と一緒に解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学に再就職した、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

微妙に違う「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」

image by iStockphoto

「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」と聞いて、同じエネルギーだと思ったことはありませんか? 実は厳密にいえばこの2つは微妙に違うエネルギーです。まずは辞書の記述を参考に、この2つのエネルギーの概観を見ていきましょう。

「自然エネルギー」:自然現象由来のエネルギー資源

まずは「自然エネルギー」について確認していきましょう。「自然エネルギー」は辞書には次のような記述がありますね。

エネルギー資源として利用可能な、自然現象のエネルギー。

出典:広辞苑 第七版(岩波書店)「しぜん-エネルギー【自然エネルギー】」

『広辞苑』には「エネルギー資源として利用可能な、自然現象のエネルギー」と記述がありました。なお、記述はすべてではなく、一部を抜粋・引用しています。

皆さんはこの「自然現象のエネルギー資源」、何を思い浮かべますか? ポイントは「自然現象」であることです。自然のものから人間が作り出した物質はここには該当しません。あくまで自然現象をそのまま活用したエネルギー資源を指します。詳しくは後ほど見ていきますが、太陽光や風力、地熱などといったものが該当するでしょう。

「再生可能エネルギー」:持続利用可能なエネルギー資源

続いてもう一方の「再生可能エネルギー」について、辞書での記述を確認してみましょう。「再生可能エネルギー」はどのような記述があるのでしょうか。

\次のページで「「自然エネルギー」と「再生可能エネルギー」両者に該当するもの」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: