現代社会

なぜ伊東深水の美人画が人気なのか?その理由を日本画の成り立ちとともに歴史好きライターが簡単にわかりやすく解説

今回は、伊東深水について学んでいきます。深水は非常に多くの作品を残した日本画家です。中でも、深水の美人画はとても人気があるな。それにしても、なぜ深水の美人画は今でも人気なのでしょうか。

伊東深水の美人画が今でも人気の理由を、日本画の成り立ちとともに、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

伊東深水とはどのような人物?

image by iStockphoto

はじめに、伊東深水という人物について、改めて振り返ってみましょう。

明治から昭和まで活躍した日本画家

伊東深水(いとうしんすい)1898(明治31)年に現在の東京都江東区で生まれました。今ではありえないことですが、深水は小学校を3年で退学。看板屋の奉公や活字工として働きました。その後、10代前半から日本画を習うようになり昼に働き夜は絵を描くという生活を続けます

若くして画家としての名声を得た深水は明治から昭和にかけて精力的な創作活動を続けました。しかし、その活動は日本画だけにとどまりませんでした。新版画運動にも参加して木版画でも次々と作品を残したのです。深水は、1972(昭和47)年にその生涯を閉じました。

美人画を描き続けた

伊東深水といえばなんといっても美人画が有名でしょう。深水が活躍していた当時は、見目麗しさを強調する美人画が多く見られていました。しかし、深水は自然で美しく女性らしい表情を描いたのです。そのような深水の作品は、数々の賞を受けるなど高く評価されました。

深水の美人画はあまりにも人気だったため一時期は美人画しか依頼が来ず深水が困惑したという話もあったそうです。しかし、深水は美人画と並行して風景画などの創作も続けそれらの作品も人気があります。美人画家として有名な伊東深水ですが、それ以外の作品も注目されてしかるべきでしょう。

日本画とはどのようなジャンル?

image by iStockphoto

伊東深水は日本画というジャンルで活躍しましたが、この「日本画」というものをよく知らない人は多いでしょう。ここでは、日本画というジャンルについて、詳しく説明していきます。

日本の伝統的な技法が用いられる

日本画の大きな特徴は千数百年の歴史がある日本の伝統的な絵画様式を用いることです画材にも伝統的な素材などを使用します。墨・岩絵具・胡粉・染料などの天然絵具をニカワで溶き、和紙や絹布の上に筆や刷毛で描くのが、日本画の一般的な技法です。

日本美術の研究でも知られるアメリカの哲学者フェノロサは日本での講演で日本画の特徴について述べました。フェノロサによると、日本画は「写実的表現をしない」「陰影が無い」「輪郭を描く」「色調が濃厚ではない」「表現が簡潔」とのことです。このように、日本画には西洋の絵画に見られない特徴があるといえます。

\次のページで「「洋画」に対する概念が「日本画」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: