雑学

簡単でわかりやすい!頸部と頚部の違いとは?読み方や使い分けも現役塾講師がわかりやすく解説

この記事では「頸部」と「頚部」の違いについてみていきます。どちらも、首の部分のことを指し、おもに医療や医学方面で使われることの多い言葉ですが、漢字が難しいだけに読み方もわからないという人は多いでしょう。今回はそんな「頸部」と「頚部」の違いについて国語の講師でもある空野キノコと一緒に解説していきます。

ライター/空野きのこ

大学在学中から文学・国文法や教育について本格的に学び、現在は小中学生に勉強を教えている講師。その知識と経験を活かし、言葉の雑学を中心に分かりやすく解説していく。

頸部と頚部はどちらも「けいぶ」と読む!

image by iStockphoto

まずはじめに「頸部」「頚部」の読み方について説明しましょう。「頸」「頚」はどちらも訓読みで「くび」、音読みで「ケイ」と読む字ですので、「頸部」「頚部」はどちらも「けいぶ」と読みます。

頸部と頚部のざっくりした違いを説明

つぎに、「頸部」「頚部」の違いについて説明したいと思います。といっても、実は「頸」の異体字、つまり少し違った書き方をしたものが「頚」という字ですので、「頸部」「頚部」はどちらも「頭と胴部をつないでいる部分」を意味し、まったく違いはありません

ですが「頸部」「頚部」では使われる場面などに違いがあるので、それらのことについては後ほど説明したいと思います。

頸部と頚部の漢字を説明!

さきほど「頸」「頚」は同じ読みと意味を持つ字であることは説明しましたが、やはり、それぞれの字の形自体は違いますよね。そこで、ここからはそれぞれの漢字の形に着目しながら、由来や意味などについて説明していきたいと思います。

「頸」は縦にまっすぐな首のこと

image by iStockphoto

まずはじめに「頸」について説明したいと思います。「頸」の左側は「機織(はたおり)の縦(たて)の糸」をもとにつくられ、そこから「たて」や「まっすぐ」といったイメージを持つ形です。

それに「頭」や「顔」などにも使われているように「人の頭部」をあらわす「頁(おおがい)」をそえることで、「頸」は頭の下のまっすぐな部分、つまり「縦にまっすぐな首」のことをあらわしています。

\次のページで「「頚」の左側は元々「ス」と「エ」の形」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: