雑学

簡単でわかりやすい天然香料と合成香料の違い!製造方法や用途、見分け方も文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では天然香料と合成香料の違いについてみていきます。どちらもルームフレグランスや加湿器で水蒸気と一緒に香りを拡散させる際に使うものというイメージが強いかもしれない。ただ、製造の仕方や使い方などを見ると細かい違いがあるようです。ボトルに入っているアロマオイルを見分けるポイントもあるみたいです。
今回は、そんな香料に関する違いについて、アロマテラピーに興味がある文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

加湿器と一緒にオイルを入れて、香りを楽しむのが好きな文学部卒ライター。

天然香料と合成香料のざっくりした違い

image by iStockphoto

香料は石鹸やボディソープ、シャンプーやリンスなどのヘアケア製品、洗濯用や食器洗い用などの洗剤など、ありとあらゆる所で使われています。天然香料は花や木、草などの自然のものから採取できる香料、合成香料は色々な物を混ぜて、ある香りに近づけて作る香料といった印象があるかもしれません。

アロマテラピーや香水、ルームフレグランスなどで、香りを楽しんでいる方も多いですね。アロマオイルなどの場合、天然香料と合成香料の見分け方などが分からずに困ってしまう方もいるでしょう。両者の具体的な違いはどのようなものでしょうか。

天然香料:動植物から抽出した香料

image by iStockphoto

天然香料は、動植物から香りの成分を抽出した香料のこと。食品への香り付けをすることが多いため、食品衛生法で約600種類ほどの天然香料が使えると決められています。天然香料のメリットは、安全に取り入れられること。自然な香りなので、気分を落ち着かせてリラックスできるともいわれています。

1.抽出する方法

天然香料を抽出する方法は以下のような3つの方法があります。

\次のページで「2.使い方:アロマテラピー・虫除けスプレー」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: