雑学

簡単でわかりやすい!天恩日と天赦日の違いとは?するといいことややってはいけないことも雑学好きが詳しく解説

この記事では天恩日と天赦日の違いについてみていきます。どちらも縁起のよい日とされる吉日であるイメージがあるよな。違いはずばり天恩日はお祝い事に向く日で天赦日は何かを始めるのに良い日であるということのようですが、調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんな天恩日と天赦日の違いを特徴から確認しつつ、雑学好きなライターvnobと一緒に解説していきます。

ライター/vnob

現役のクラウドサーバーのエンジニア。数々の難しい案件を解決している。仕事柄、わからないことがあると調査しないと気が済まない。幅広くいろんなジャンルの雑学を知っている。

天恩日と天赦日の違いとは?

image by iStockphoto

縁起のよい日とされる吉日として天恩日と天赦日があります。天恩日はお祝い事に向く日で天赦日は何かを始めるのに良い日であるという違いがあるんです。また、天恩日は毎月5回以上ありますが、天赦日は年に5日から6日しかありません。今回は、天恩日と天赦日の特徴など詳しく解説していきたいと思いますので参考にしてくださいね。

天恩日とは?

image by iStockphoto

天恩日は「天から誰もが恩恵を与えられる日」でありお祝い事やおめでたいことに向いている日です。良いことや喜ばしいとされることであれば何をしても良い日とされているんですよ。それでは、天恩日の特徴やするといいこと・やってはいけないことについてご紹介していきますね。

天恩日の特徴

天恩日は「天の恩恵を全ての民が享受できる日」と伝えられており、万事に対して縁起が良いといわれる吉日です。ただし、縁起の悪いことは避けた方がいい日といわれています。天恩日は毎月あることや5日間続くことが特徴であり、他の吉日と重複しやすくお祝い事の日取りとして人気です。

天恩日にするといいこと

天恩日はお祝い事やおめでたいことに好まれる吉日でありますが、その他にも人生の転機になるような大きなイベントを行う日として適した吉日だといわれています。天恩日にするといいことについていくつかご紹介しますね。

\次のページで「天恩日にやってはいけないこと」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: