雑学

簡単でわかりやすいフラストレーションとストレスの違い!定義や解消法も雑学ライターが詳しく解説

この記事ではフラストレーションとストレスの違いについてみていきます。どちらも精神・肉体に影響を及ぼす状態を表すが、その違いは発生する条件にあるぞ。結論から言うとストレスは外的要因から、フラストレーションは内的要因から起こりやすい。テストやプレゼンの前に胸がざわついたり、天気や騒音など外的要因によって起きるのがストレスです。一方フラストレーションは、ライブに行きたかったのにコロナ禍で中止になったなど自分の欲求が満たされなかったときに起こる。そんな2つの違いや原因、解消法について雑学好きライターYunaと一緒に解説していきます。

ライター/Yuna

現役ママライターのYuna。ストレス解消法は家族と一緒に寝ること。「今すぐ使える雑学」をコンセプトに解説していく。

フラストレーションとストレスのざっくりとした違い

image by iStockphoto

フラストレーションが溜まる、ストレスが溜まる。どちらも精神・肉体的に疲労して、好ましくない状態を表します。2つの分類方法は発生する要因が自分の内側ならフラストレーション、外側ならストレスです。

フラストレーションは内的要因が多く、つまり何らかの原因で欲求が満たされないときに溜まります。一方ストレスは外的要因、自分の外側にある環境から影響を受けて起きる現象です。どちらも溜まり続けると心身ともに消耗するため、深刻な状況に陥る前に解消しましょう。

違いその1.定義

image by iStockphoto

フラストレーションとストレスは、どちらも心理学用語です。ネガティブな側面に限らず、人間の生命活動の一部として俯瞰した視点で研究されています。

一言で説明するなら、フラストレーションは欲求不満の状態。心理学上ではフラストレーションに耐える能力をフラストレーション耐性と呼びます。一方ストレスは心身が緊張している状態のこと。ストレスに対処する努力を試みることをコーピングと言い、社員のメンタルケアに導入している企業もあります。

フラストレーション:欲求不満な状態

フラストレーションは心理学では以下のように定義づけられています。

フラストレーションとは、「動機付けられた行動の欲求が何らかの阻害により阻止された状態(=欲求不満な状態)、および、それによる失望や挫折、落胆、いらだちなどの一連の不快な感情」をいいます。障害には、外的なもの以外に、価値観、遠慮、能力不足などという内的なものもあります。

(出典:心理学用語の学習)

フラストレーションは内的・外的要因の両方で起こります。フラストレーションへの耐性には個人差があるものの、欲求が満たされなければ溜まり続ける一方でしょう。フラストレーションが溜まるとイライラしやすいイメージが浮かびますよね。実はそのまま放置していると、免疫力が低下するなど体に悪影響を及ぼすことも。

ストレス:心身の緊張状態

ストレスは心理学では以下のように定義づけられています。

\次のページで「違いその2.溜まったときの影響」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: