雑学

簡単でわかりやすい!御幣と紙垂の違いは?歴史・種類・用途も雑学好きライターが詳しく解説

今回のテーマは御幣(ごへい)と紙垂(しで)の違いについてです。神道の儀式で、白い紙がついた棒を、神官が振るのを見たことがある人も多いでしょう。あの道具全体が御幣で、棒についている紙が紙垂と呼ばれている。
もともと御幣は神への捧げものを指し、時代が下るにつれて棒の先に貴重品を挟んで捧げるようになったんです。それが今のようなスタイルになった経緯を、雑学好きライター・ねぼけねこと一緒に解説していきます。

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、IT・プログラミング分野の歴史にも詳しい。

御幣と紙垂の違いをざっくり解説

まず最初に、御幣と紙垂の違いについてざっくり説明します。御幣とは古い言葉で神への捧げものを意味し、大昔は食べ物や農工具などの貴重品が捧げものとして用いられていました。

また紙垂は御幣や注連縄につける、独特の形に折り畳まれた紙のことで、色や折り方によって意味が異なります。御幣と紙垂は神道において重要な役割を果たしますが、その歴史や種類や用途などには大きく異なっているので注意が必要です。以下で詳しく見ていきましょう。

御幣:神への捧げもの

御幣は、神への捧げものである幣帛(へいはく)の一種で、代表的なものとして挙げられるのは稲・農工具・鏡・玉などです。奈良時代から平安時代にかけて、幣帛の一種として折り畳んだ布を串に挿んで捧げる形式が登場し、「幣挿木」と呼ばれたこれが御幣へと発展していくことになりました。

室町時代から江戸時代には布にかわって紙が用いられるようになり、細長く折った紙を両側へ垂らすスタイルも見られるようになります。これが次項で解説する「紙垂」の起源です。

紙垂:御幣につける紙

image by iStockphoto

紙垂は、御幣に付随する紙のことです。発祥は、奈良時代から平安時代にかけて登場した、折り畳んだ布を串(棒)に挿んで捧げると言うやり方でした。昔は、神聖性を表すために木の皮の繊維である木綿や麻も串に挿んで垂らしたと言われています。室町時代から江戸時代にかけて、布にかわって紙が用いられるようになったものが紙垂の原型です。

\次のページで「御幣と紙垂の歴史の違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: