雑学

簡単でわかりやすい!プラントベースとヴィーガンの違いは?動物性食品との関わり方や注意点も雑学好きライターが詳しく解説

今回のテーマはプラントベースとヴィーガンの違いについてです。野菜しか食べない「菜食主義」という言葉がありますが、日本語でひと口に菜食主義と言っても実際にはいろいろある。その一種がプラントベースとヴィーガンで、ちなみにこうした菜食主義の総称を「ベジタリアン」と言うんです。
両者はなぜ野菜をメインとした食事を採用しているのか、その理由などを雑学好きライター・ねぼけねこと一緒に解説していきます。

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、IT・プログラミング分野の歴史にも詳しい。

プラントベースとヴィーガンの違いをざっくり解説

まず最初に、プラントベースとヴィーガンの違いを説明します。両者はどちらも動物性食品を摂取しない点が共通していますが、前者は「食事法」なのに対し、後者は「主義や思想・あるいはそれを主張する人」のことです。

少し具体的に言えば、プラントベースは健康や病気の予防のために植物性食品中心の食事法を採用するものだと言えるでしょう。一方、ヴィーガンは動物愛護や環境保護のために完全菜食主義を貫くことです。

プラントベース:植物性食品中心の食事法

image by iStockphoto

プラントベースは、植物性食品中心の食事法のことを指します。植物性食品とは野菜や果物、穀物や豆類など動物由来でない食品のことですが、その目的は健康を維持したり、病気を予防することなどです。

単に植物性食品をメインとするという意味では、プラントベースはヴィーガンやベジタリアンという言葉とニュアンスが似ています。しかし、後述するようにヴィーガンは動物愛護などの理由で動物性食品を一切食べません。プラントベースは必要に応じて摂取することもあり、この点が大きく異なります。

プラントベースは、植物性食品に含まれる食物繊維やビタミンなど、現代の食生活で不足しがちな栄養素を積極的に摂取できる点がメリットです。

ヴィーガン:完全菜食主義者

一方のヴィーガンは完全菜食主義者のことで、肉や魚だけでなく、卵や乳製品などの動物性食品も一切食べません。また、革製品や毛皮などの動物由来のものも使わないのが大きな特徴です。

ヴィーガンは、動物愛護や環境保護を目的にこのような生活を送っています。つまり思想や主義主張に基づいて、「正義」を理由に植物性食品のみを食べていると言えるでしょう。

ヴィーガンにもさまざまなタイプがあり、例えばエシカルヴィーガンは動物愛護の観点から、エンバイロメントヴィーガンは環境保護の観点から、ダイエタリーヴィーガンは健康の観点からヴィーガンを実践しています。また、生きた酵素を摂るために「加熱」を行わないリビングフードヴィーガンも挙げられるでしょう。

プラントベースとヴィーガンの動物性食品との関係は?

ここまでで、プラントベースとヴィーガンの違いを解説しました。次に、プラントベースとヴィーガンは動物性食品とどのような関係にあるのかを見ていきましょう。

プラントベースはできるだけ動物性食品を食べないようにしますが、完全に食べないわけではありません。しかしヴィーガンはもっと極端で、絶対に動物性食品を食べません。肉や魚はもちろん、卵や乳製品、はちみつなどを口にすることも厳禁です。

\次のページで「プラントベース:できるだけ食べない」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: