現代社会

野上弥生子と夏目漱石はどのような関係だった?野上弥生子の生涯や代表作とともに歴史好きライターが簡単にわかりやすく解説

今回は、野上弥生子について学んでいこう。

野上弥生子は昭和60年まで作家として活動していた。しかし、彼女が夏目漱石と関わりがあったと聞けば、驚く人は多いでしょう。夏目漱石といえば、明治時代の文豪というイメージが強いからな。

野上弥生子と夏目漱石はどのような関係だったのか、彼女の生涯や代表作とともに、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

野上弥生子はどのような作家だったのか

image by iStockphoto

はじめに、野上弥生子はどのような作家だったのか、改めて見ていくことにしましょう。

作家生活は80年以上に及ぶ

野上弥生子(のがみやえこ)1885(明治18)年に大分県臼杵市で生まれました文壇デビューは1907(明治40)年発表の『縁』。それ以降、1985(昭和60)年に亡くなるまで作品を世に送り出し続けました。デビュー前も含めると、野上弥生子の作家生活は80年以上にも及びます。

野上弥生子の作品に見られるのは幅広い社会的視野と文化的な教養ですそれらを写実的に表現し知的に物語を進めていますヒューマニズムを鮮明に描き続けたことが評価され1971(昭和46)年には文化勲章を受章。野上弥生子の作品は、今も人々の興味を惹き付けて離しません。

実家は醤油メーカー

野上弥生子の実家は江戸時代より続く醸造所でした。その醸造所は、現在ではフンドーキン醤油という、西日本でトップシェアを誇る醤油メーカーに成長しています。野上弥生子の作品には醸造所が実家である主人公が登場するものもありますが間違いなく野上弥生子の実家をモチーフにしていたでしょう

野上弥生子の作品に影響を与えた人物として夫である野上豊一郎の存在は欠かせません野上豊一郎は英文学者で能楽にも秀でていました。野上弥生子の作品には能が取り上げられることもありましたが、夫から知見を得ていたと見て間違いありません。

野上弥生子と夏目漱石の関係は?

image by iStockphoto

では、野上弥生子と夏目漱石には、どのような関係があったのでしょうか。

夫を通じて指導を仰ぐ

野上弥生子の夫である野上豊一郎は夏目漱石の門下生でした。野上弥生子が夏目漱石と直接会う機会は少なかったそうですが、書簡を通じて指導を仰いだようです。そして、夏目漱石からの推薦を受け1907(明治40)年に『縁』を雑誌『ホトトギス』に発表。文壇デビューを果たしました。

また、1913(大正2)年には野上弥生子が創作の合間にギリシャ神話やローマ神話を翻訳したものが出版されました『伝説の時代』という題名が付けられその序文は夏目漱石によるものです。現在では、『ギリシア・ローマ神話』という題名で読むことができます。

\次のページで「「漫然として年をとるべからず」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: