雑学

簡単でわかりやすい!アップルサイダービネガーとリンゴ酢の違いとは?うれしい効果や注意点も雑学好きママライターが詳しく解説

この記事ではアップルサイダービネガーとリンゴ酢の違いについて見ていきます。あまり聞きなれない名前ですがどちらもリンゴ酢ということに変わりはないようです。とにかくかなり体にいいらしいのです。詳しい違いやその効果について雑学好きママライターのうめグミと一緒に解説していきます。

ライター/うめグミ

料理は作るのも食べるのも大好きなママライター。中年太りが気になり始め体にいい食べ物を積極的に取り入れ中。酢はもともと大好きで、餃子や納豆にも酢をちょい足しして食べる。

アップルサイダービネガーとリンゴ酢の違い

image by iStockphoto

リンゴなどの果物は果汁を寝かせておくと自然に発酵してお酒になり、さらに熟成させると酢へと変化する性質があります。その自然の発酵力を利用し、リンゴ以外の材料を一切加えずじっくり時間をかけて作られたお酢がアップルサイダービネガーというリンゴ酢です。

一般的なリンゴ酢もリンゴから作られているのですが、発酵を進みやすくするためにアルコールが使われることが多く、リンゴ以外の材料が使われているということで区別されています。

アップルサイダービネガーはアメリカやカナダなどを中心に親しまれており、日本ではまだあまり知られていません。輸入系スーパーや大型スーパーなど一部の店舗やネット通販で購入することが可能で、日本では純リンゴ酢と呼ばれることもあります。 

アップルサイダービネガーとは?

image by iStockphoto

アップルサイダービネガーの最大の特徴はリンゴを100%自然発酵させて作られていること。それ以外にも特徴があり、一般的なリンゴ酢よりも体にいいと言われています。

ひとつは「無ろ過」であること。お酢は発酵を繰り返すことによって濁りが出てしまいます。この濁りは「マザー」と呼ばれており、自然発酵によって生まれた酢酸菌の固まりです。酢の見た目や味をよくするためろ過によって取り除かれるのが一般的な製法となっています。

さらにもうひとつが「非加熱」であること。食品は高温で殺菌されているものが多いのですが、高熱殺菌をすると熱によって菌が死んでしまったり弱くなったりしてしまいます。アップルサイダービネガーは非加熱または低温殺菌で処理されており、生きたままの菌をより多く摂取できる体にとてもいいお酢なのです。

サイダーという名前なので炭酸が入っていると思われるかもしれませんが、アップルサイダーは英語で「リンゴ酒」という意味で使われます。リンゴが発酵してお酒になって酢になるという順番通りの名前ということですね。

\次のページで「アップルサイダービネガーのうれしい効果5選」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: