趣味雑学

簡単でわかりやすい!113系と115系の違いとは?用途や見分け方も鉄道好きプログラマーがわかりやすく解説

近郊型電車の決定版?111/113/115系の違いとは

国鉄時代の近郊型電車として全国で走っていたのが113系と115系。しかし、その前に111系という車両がありました。ただ、111系は少数製造されただけで、すぐに後継車両に切り替わります。この111系から生まれた後継車両が113系と115系です。

どちらも様々な派生型が登場し、合わせて5000両と大量生産されました。その主な違いは113系は平坦地の路線向けで、115系は山岳地や寒冷地の路線向けということ。そのため、見た目についてはあまり違いはなく、見えない部分の違いになります。

どうやって見分ける?113系と115系

細かい部分は色々違いますが、鉄道好きでないとなかなか見分けがつきません一番簡単なのは正面から見た時の塗り分け113系は中央のドアから斜めに塗り分けられていましたが、115系は直線で塗り分けられていました。

ただし、これは国鉄時代の話。国鉄時代は電車の塗装もあまりバリエーションはなくどこでも同じような色で塗られていました。その後、JRになって各社がそれぞれ工夫するようになります。その結果、電車の塗装はどのタイプかよりは路線で変わるように。そのため113系と115系の見た目の区別はますます難しくなってしまいました。

111/113系と115系の違いとは?

JRE 113-SotobouLine.jpg
basser投稿者自身による著作物, CC0, リンクによる

見た目はあまり違わない113系と115系。しかし、決定的な違いがあります。それは坂に関係あります。坂に関係した113系と115系の決定的な違いについて説明します。

一番の違いはブレーキ?115系は山岳向け

113系は温暖で平坦なところ向けで、115系は寒冷で山がちなところ向けと説明しました。基本はそうなのですが、バリエーションの中には寒冷地向けの113系や、温暖地向けの115系なども存在しています。実は113系と115系の一番の違いはブレーキなのです。

山岳地帯の道路ではエンジンブレーキを使用するように標識が出ていることがあります。これは、通常のブレーキを頻繁に使うと効きが悪くなってしまい事故を起こすことがあるため。そのためエンジンブレーキを使います。鉄道車両にも同様です。通常のブレーキは車や電車を止めるためのもの。しかし、止めるのではなく一定以上の速度が出ないように抑えるためのブレーキがあります。この有無が113系と115系の違いなのです。

鉄道は勾配に弱い?鉄道と坂

ブレーキの説明の前に坂と鉄道の関係です。実は鉄道は坂に弱いもの。例えば、温泉で有名な箱根に箱根登山鉄道という路線があります。箱根の急勾配を上るために電車には特殊な装備が必要。つまり、他の路線を走る電車を持ってきても箱根の坂は登ることができないのです。

一方、走る場所は多少違いますが、自動車は箱根の山を普通に走りますよね。普通の電車だけでなく、箱根登山の電車でも登れないような急坂でも自動車ならば登ることが可能。これは、鉄道が鉄のレールを鉄の車輪で走ることや、鉄道車両が自動車よりも重いことが関係します。色々理由はありますが、そもそも鉄道は坂に弱いのです。

\次のページで「モーター出力は同じだが、ブレーキが違う115系」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: