趣味雑学

簡単でわかりやすい!113系と115系の違いとは?用途や見分け方も鉄道好きプログラマーがわかりやすく解説

色々な鉄道会社に様々な鉄道車両があるよな。ですが、JRが国鉄だったころは、日本中で同じ車両を使っていた。その中でも、多くの路線で使われた電車が113系と115系です。今では一部の地域でしか見ることはできないが、1970年代から80年代前半にかけての通勤や通学を支えた電車です。つまり、日本を支えた電車と言っても過言ではないぞ。そんな113系と115系の違いや見分け方を、実際に113系で通勤や通学していた鉄道好きプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。現在はフリーランス。113系で通学や通勤していた。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさん。

合わせて5000両!国鉄時代の定番車両

image by iStockphoto

国鉄がJRグループになったのが1987年。それから30年以上過ぎ、すでに国鉄を知らない人が多くなっています。国鉄こと日本国有鉄道は同じタイプの車両を全国で使っていました。そのため、大手飲食チェーン店のようにどこに行っても同じタイプの車両が走っていたのです。

そんな国鉄時代に全国で5000両が走っていたのが113系や115系1980年代に通勤・通学していた世代には懐かしい電車です。そんな定番電車とも言える113系と115系の違いを説明します。

113系:温暖で平坦な路線向け

113系や115系はどちらも比較的長距離を走る路線向けの電車首都圏で言えば東海道線や東北線、高崎線、横須賀線などで使われる電車です。全国にこのような路線は数多くあります。その中でも113系はあまり坂がない比較的平坦な地域で、雪が頻繁に降って積もることがないような都市部で使われていた電車です。

\次のページで「115系:勾配の多い寒冷地向け」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: