雑学

簡単でわかりやすい!はちくとたけのこの違いとは?見分け方やアク抜きも農学専攻ライターが詳しく解説

この記事では「はちく」と「たけのこ」の違いについてみていきます。「はちく」は名前通り竹の一種。新芽の部分が「たけのこ」として食用になるんです。ですが「市販のたけのこ」とは、見た目や味などが違うらしいのです。今回はそんな「たけのこ」の違いを、見分け方も含めて、大学で農学を専攻したライター2scと一緒に解説していきます。

ライター/2sc

理系の大学院に通うかたわら、ライターとして活動。技術から生活までさまざまな知識を、科学の視点で解説する。この記事では「山菜の仲間」である、「はちく」と「たけのこ」の違いについてわかりやすく解説していく。

「はちく」と「たけのこ」を大まかに比較

image by iStockphoto

スーパーで見かける「たけのこ」は具体的に、どのような竹から採れるのでしょうか。まずは「たけのこ」の定義から、詳しく解説していきます。さらに竹の仲間「はちく」のたけのこについても、大まかに紹介。以下、普段は意識しない「たけのこ」の正体についてみていきましょう!

「たけのこ」はタケ類の新芽全般を指す

「たけのこ」は、おもに「イネ科タケ亜科マダケ属のタケ類から採れる新芽」の総称。厳密には、地中に埋まった茎(地下茎)から伸びてきた「芽の部分」だけを指します。このたけのこは食味が良いため、山菜採りの対象として愛されてきました。そんな「たけのこ」が採れるタケ類は、中国原産の「モウソウチク/孟宗竹」や「ハチク/淡竹」、日本原産の「マチク/真竹」など様々な種に分かれているのです。

そのうちスーパーや八百屋で見かける「生たけのこ」は、「モウソウチク/孟宗竹」のもの。みなさんがイメージする「大ぶりなたけのこ」が取れます。ほかにもマチク属の「マチク/麻竹」がメンマに、マダケ属の「ホテイチク/布袋竹」が水煮缶として少数ながら流通。このように身近な「たけのこ」だけでも、数種類に分けられるのです。

「はちく」のたけのこは変わり種

「はちく/淡竹」は、イネ科タケ亜科マダケ属の「ハチク」という竹の仲間。こちらも食用に適した「たけのこ」が採れます。しかし「はちくのたけのこ」の場合、孟宗竹よりも鮮度の低下が急激。長野県など一部地域でのみ、消費されてきました。ちなみに「破竹の勢い」という言葉がありますが、「はちく/淡竹」とは無関係。こちらは「とめどない勢い」を「竹をすんなり割ってしまう刃物」に例えた言葉なのです。

以下この記事では、普段見かけない「はちくのたけのこ」と孟宗竹など「その他たけのこ」を徹底比較。見た目や味など具体的な違いを紹介していきます。さらに各種たけのこの下処理や料理法についても解説。たけのこを自分で採って食べたいなら、この記事が役に立つはずです。

\次のページで「「はちく」と「たけのこ」の具体的な違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: