現代社会

1960年代に頻発した大学紛争に大きな影響を与えた「日大紛争」とは?その詳細を大学紛争の歴史とともに歴史好きライターがわかりやすく解説

今回は、「日大紛争」について学んでいこう。

1960年代になると、全国で大学紛争が発生したな。中でも、万単位の学生が参加するなど大規模になった日大紛争は、他の大学紛争にも影響を与えたぞ。いったいどのようなものだったのでしょうか。

日大紛争の詳しい内容を、大学紛争の歴史とともに日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

大学紛争が起きた背景

image by iStockphoto

1960年代に入り大学紛争が頻発した背景とはどのようなものだったのでしょうか。

学生数の急増

1960年代後半になると日本で大学生の数が急激に増加しました太平洋戦争が終結した直後に生まれた子供が高校を卒業して大学に進学するようになったからです。第1次ベビーブームを形成した団塊の世代が、学生の数を大いに押し上げました。

さらに、大学進学率の上昇も学生数の増加に一役買っています。終戦後は進学率が上昇を続け、さらに人口の多い団塊の世代が数多く大学に進学したため、大学生が増えたのです。しかも、日大日本大学)は学生運動が盛んだった1960年代当時から国内で最大規模のマンモス校だったため学生と教職員の数を合わせると10万人を超えていました

学生運動の隆盛

戦後になると全日本学生自治会総連合(全学連)や全学共闘会議(全共闘)などといった団体が生まれ学生運動を牽引するようになります。これらの団体は、全国の大学でそれぞれ結成されました。やがて、それらの団体はヘルメットやゲバ棒と呼ばれる角材などで武装し過激さを増していったのです

特に1960年代は社会運動が頻発しました。日米安全保障条約改正を巡る安保闘争やベトナム反戦運動、それに佐藤栄作首相の外国訪問を阻止しようとした羽田事件は、全て60年代に起きたものでした。それらに影響された学生が後に大学紛争へと身を投じたのです

\次のページで「日大紛争が起こるまで」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: