現代社会

なぜ山本権兵衛は2度も任期途中で内閣総辞職に追い込まれた?原因となった2つの事件を山本権兵衛の生涯とともに歴史好きライターがわかりやすく解説

今回は、山本権兵衛について学んでいこう。

山本は海軍で頭角を現した後に海軍大臣となり、さらには総理大臣を2度も務めたぞ。ですが、2度とも任期途中で辞任に追い込まれてしまった。いったい何があったのでしょうか。

山本権兵衛内閣が総辞職に追い込まれた2つの事件について、山本権兵衛の生涯とともに日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

海軍を志した山本権兵衛

image by iStockphoto

まずは、若き日の山本権兵衛が海軍を志した様子を見てみましょう。

西郷隆盛に憧れる

山本権兵衛(やまもとごんべえ・やまもとごんのひょうえ)1852(嘉永5)年に現在の鹿児島市で生まれました。父は薩摩藩士でした。その影響もあって、山本権兵衛は10代で薩英戦争や戊辰戦争に従軍しています。その後に迎えたのが、大政奉還と明治維新でした。

山本権兵衛をはじめ、当時の薩摩藩の人間は、誰もが薩摩藩の英雄である西郷隆盛に憧れていたそうです。西郷隆盛のような人物になりたいと考えていた山本は西郷隆盛の元を直接訪れます西郷に進路を相談すると山本が勧められたのは海軍でした。それ以降、山本は海軍を志すことになります。

勝海舟を頼って海軍入り

山本権兵衛は西郷隆盛から勝海舟を紹介されました。勝海舟といえば、江戸城無血開城などで知られますが、幕府の軍艦奉行なども務めていたのです。そのため、西郷は勝への紹介状を山本に持たせました。なぜか勝は山本の海軍入りを反対しましたが、山本が何度も家を訪れたのに勝が折れた形となり、山本には海軍への道が開かれることになります

1869(明治2)年に山本は東京大学の前身である開成所に入学その後は海軍操練所や海軍兵学寮に進み海軍軍人としての基礎を学びました。明治六年の政変で下野した西郷を追うように、山本は海軍を離れて西郷のいる鹿児島に向かいましたが、西郷の説得で戻ったという話も残っています。

\次のページで「海軍大臣となった山本権兵衛」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: