雑学

3分で簡単にわかる!クロスケーブルとストレートケーブルの違いとは?使い分けや見分け方も読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事ではクロスケーブルとストレートケーブルの違いについてみていきます。どちらもLANケーブルの一種ですが、それぞれ明確に用途が異なる。混同して使った場合、状況によってはLANケーブルを接続した際に上手く機能しないといったトラブルに遭うため、この機会に違いを確認しておこう。今回はそんなクロスケーブルとストレートケーブルの違いを、使い分けや見分け方とあわせて、読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

クロスケーブルとストレートケーブルの違いとは?

image by iStockphoto

クロスケーブルとストレートケーブルはどちらもLANケーブルの一種ですが、それぞれ特徴が違います。この機会にそれぞれの特徴について、詳しく確認しておきましょう。

その1.クロスケーブルとは?

クロスケーブルはパソコンとパソコンなど、同じ機器同士をLANケーブルで接続する場合に使用するケーブルです。LANケーブル内部の配線が途中で交差する構造となっており、この特徴から「クロスケーブル」と呼ばれています。家庭では、2台のパソコンをLANケーブルで接続するといった機会は少ないため、あまり見る機会がありません。

その2.ストレートケーブルとは?

ストレートケーブルはパソコンとパソコン以外の機器(ルーター・HUBなど)を接続する際に使用するケーブルです。こちらはLANケーブル内部の配線が、一直線に交差することなく配置されている構造となっており、この特徴から「ストレートケーブル」と呼ばれています。

クロスケーブルとストレートケーブルの用途・使い分け方は?

image by iStockphoto

クロスケーブルとストレートケーブルは、接続するLANポートの規格によって使い分けることが大切です。LANポートの規格には「MDI」と「MDI-X」という2種類の規格が存在しており、ストレートケーブルはMDIポートとMDI-Xポートを繋げることができます。対してMDIポートとMDIポートなど、同じ種類のポート同士を繋ぐ場合にはクロスケーブルが必要です。こちらも覚えておきましょう。

ただし近年ではクロスケーブル・ストレートケーブルの両方の接続を可能にする「AUTO MDI/MDI-X」という機能を備えた機器が登場しており、これによってLANポートの種類にあわせてケーブルの種類を変える必要があまり無くなっています。こちらの点についても、あわせて確認しておきましょう。

クロスケーブルとストレートケーブルの見分け方

image by iStockphoto

クロスケーブルとストレートケーブルの見分け方についても確認していきましょう。LANケーブルの端子部分を確認することで、簡単に見分けることができます。端子部分の配線の色の配置が、両端で同じ場合はストレートケーブル、逆に端と端で色の配置が異なっている場合はクロスケーブルです。

所持しているLANケーブルがクロスケーブル・ストレートケーブルどちらか分からないという場合は、こちらの点から見分けていきましょう。

\次のページで「クロスケーブルはパソコン同士の接続に使いストレートケーブルはパソコンと別の機器を繋ぐのに使用する!」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: