雑学

簡単でわかりやすい!ムエタイとキックボクシングの違いとは?特徴やルールも格闘技好きライターが詳しく解説

この記事ではムエタイとキックボクシングの違いについてみていきます。どちらもパンチとキックが認められている格闘技であるイメージがあるよな。違いはずばりムエタイでは「首相撲」と「肘打ち」が認められているということですが、採点のポイントが違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんなのムエタイとキックボクシング違いを、特徴やルールから確認しつつ、格闘技好きなライターvnobと一緒に解説していきます。

ライター/vnob

現役のクラウドサーバーのエンジニア。数々の難しい案件を解決している。仕事柄、わからないことがあると調査しないと気が済まない。幅広く雑学を知っている。子供のころから格闘技が好きでジャンルを問わず観戦している。

ムエタイとキックボクシングの違いとは?

image by iStockphoto

ムエタイとキックボクシングはどちらもパンチとキックがルールで認められている格闘技ですが、違いとしてはムエタイではルールで肘打ちと首相撲が認められています。今回は、ムエタイとキックボクシングの特徴、ルール、技からそれぞれの違いについてご紹介していきたいと思いますので参考にしてくださいね。

ムエタイとは?

image by iStockphoto

ムエタイとはタイ発祥の格闘技で、13世紀のタイ族による初めての王朝スコータイで軍隊の実践格闘技としてすでに取り入れられていました。元々「シャム」という国名でしたが1936年に「タイ」に変更されたことをきっかけにムエタイが盛んにおこなわれるようになったと言われています。それでは、ムエタイについて詳しく説明していきますね。

ムエタイの特徴

ムエタイでは、首相撲と肘打ちがルールで認められていることが特徴です。首相撲は相手の首をつかみ体勢を崩すことによって次の攻撃につなげるための技ですが、ボクシングやキックボクシングでは認められておらず反則となります。ムエタイでは首相撲の状態で膝蹴りを打ち込むことが認められているんですね。

また、肘打ちは額や目の上などが切れて出血することが多いため、ボクシングやキックボクシングなど多くの格闘技では禁止にしているのですが、ムエタイでは認められているんですよ。

ムエタイのルール

ムエタイでは両手、両肘、両脚、両膝を使って戦うことが認められています。また、相手をダウンさせるだけではなく、技の美しさも評価されます。例えば、首相撲で組み付いたときに相手のバランスを崩して転ばせるのも評価が高くなります。

なお、パンチの採点はあまりなく、ミドルキックやハイキックなどの採点が高いことが特徴でもあるんです。そのため、試合ではキックの応酬となり、首相撲で膝蹴りを打ち合い続ける試合展開となることも多いですね。

\次のページで「ムエタイの技」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: