暮らし雑学

簡単でわかりやすい!「低圧」と「高圧」の違いとは?特別高圧との違いや高圧電力・低圧電力の使い分けも工事会社勤務の現役OLライターがくわしく解説

高圧:直流750V超~7000V以下、交流600V超~7000V以下

高圧とは、直流750V超~7000V以下、交流600V超~7000V以下の電圧のこと。「高圧電力」といわれ、契約電力でいうと50~2000kW未満の範囲をさしていますね。商業施設や工場、病院や学校など、中小規模の施設が契約することが多いです。

また、高圧電力を契約する場合には、キュービクル式高圧受電設備という変圧をするための設備を設置する必要があるんだそう。キュービクル式高圧受電設備によって、高圧で送電されてきた電気を変圧し、使用可能電圧まで下げることで実際に電気を使用することができるようになります。

特別高圧との違いは?

特別高圧とは、直流、交流ともに7000V超の電圧のこと。「特別高圧電力」といわれ、契約電力が2000kW以上の範囲のことをさしています。大規模な工場や、デパートなどの商業施設、オフィスビルなど、大量に電力を使用する施設が主な契約者です。

大量の電力を必要とする需要家の施設へは、直接変電所から送電線を引き込み電流を流す必要がでてくることも。この場合、送電線を引き込むための鉄塔が必要になってきたり、設備を管理するための電気主任技術者を配置する必要があったりと、特別高圧電力をしようするためには、特別な設備や人材が必要不可欠になってくるんだそう。

「低圧電力」と「高圧電力」の使い分けや料金の設定方法とは?

image by iStockphoto

ここからは「低圧電力」と「高圧電力」の使い分けについてさらにくわしく触れ、契約に応じた使用料金の設定方法などを確認していきましょう。

低圧電力:一般家庭や事務所、商店

image by iStockphoto

低圧電力は1か月の使用電力が50kW未満の場合に契約する電力です。低圧電力の契約電力は、指定の電気機器をあらかじめ設定し、その総容量に一定の係数を乗じて設算定する「負荷設備契約」と、契約主開閉器つまりメインブレーカーの容量をもとに契約電力を算定する「主開閉器契約」とがあります。

「主開閉器契約」は、多くの電気機器を持っていても、すべての機器を同時に使用しない場合などに選択すると契約電力が下がりお得に使用することができる場合もありますよ。契約電力が高くなるにつれて基本料金が高くなるため、どちらがお得に電気を使用できるのか見直してみるのもいいでしょう。

\次のページで「高圧・特別高圧:ビル・工場」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: