この記事では「廻る」と「回る」と「巡る」の違いについてみていきます。どれも「まわる」または「めぐる」と発音する漢字です。調べてみると定義や使い方に違いがあるみたいです。今回はそんな同じような意味を持つ「廻る」「回る」「巡る」の違いについて、文系雑学好きライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

工事会社勤務9年目。心に浮かんだもやもやを言語化することでストレス発散をはかる現役OLライター。読書が趣味で、日々様々な言葉に触れている。最近は、言葉の持つ意味を理解して文章をより豊かに読み進めていく丁寧な読書を心がけている。

「廻る」と「回る」と「巡る」の違いとは?

image by iStockphoto

「廻る」と「回る」と「巡る」は「まわる」または「めぐる」と読まれる同訓意義の漢字です。それぞれ共通した意味として「周囲に沿って歩いたりまわったりするさま」を表していますね。

そのなかでも「回る」は常用漢字であり、「廻る」は常用漢字ではないという違いがあります。さらに「巡る」については、「順番にまわる」という意味合いが強いですね。ここからくわしくみていきましょう。

廻る:回転すること、常用漢字ではない

「廻る」と「回る」は両方とも「まわる」と読み、同じ意味を持つ言葉です。両者とも「回転する」「あるものを中心にまわる」という意味がありますね。

両者の違いは「回る」は常用漢字であり「廻る」は常用漢字ではないという点。また、部首である「廴(えんにょう)」は進み歩くことを示しており、廻はぐるぐるとまわって進むことを意味しています。漢和辞典に掲載されている意味も確認しておきましょう。

【廻る】
1.めぐる。めぐらす。ぐるりとまわる。ぐるりとまわす。
2.かえる。かえす。もとへ戻る。もとへ戻す。
3.廻避。遠回りしてさけること。
4.ぐるりととりまいたさま。

(出典:漢和辞典)

回る:回転すること、常用漢字

前述したように「回る」と「廻る」は両方とも「まわる」と読み、同じ意味を持つ言葉でした。両者とも「回転する」という意味がありましたね。両者の違いは「回る」は常用漢字であり「廻る」は常用漢字ではないという点です。また「回」という漢字は、回数を示す言葉としても使われます。こちらも漢和辞典に掲載されている意味も確認しておきましょう。

【回る】
1.まわる。まわす。ぐるりとまわる。ぐるりとまわす。
2.めぐる。めぐらす。まわりをかこむ。
3.めぐらす。頭を後ろへ向ける。
4.かえる。かえす。もとのもどる。もとにもどす。
5.たがう。逆もどりする。曲線をえがいて曲がる。わきへそれたさま。
6.たび。回数を示すことば。
7.イスラム教に関係胃のあることをあらわすことば。

(出典:漢和辞典)

\次のページで「巡る:見まわる、めぐる」を解説!/

巡る:見まわる、めぐる

「巡る」は「まわる」や「めぐる」と発音される言葉です。周囲をまわる、周囲に沿って進むという意味があり、その場で回転をするという意味をもつ「廻る」や「回る」とは違い、順番に位置を移動しながら進むという意味もありますね。「巡礼(じゅんれい)」や「巡視(じゅんし)」といった熟語の意味を考えるとわかりやすいかもしれません。

「しんにょう」と「川」を合わせて、川の水のようにぐるりと回ることを表現しているんだそう。こちらも漢和辞典に掲載されている意味も確認しておきましょう。

【巡る】
1.めぐる。ぐるりと回り歩く。
2.視察して回る。
3.ひとめぐり、ふためぐりと数えるときのことば。
4.ひと所を回るだけで、進まない。

(出典:漢和辞典)

「廻る」「回る」「巡る」それぞれの漢字を使用した熟語や例文は?

「廻」と「回」と「巡」を使用した熟語や例文を確認しながら、使い分けについて確認していきましょう。

「廻る」と「回る」を使用した熟語や例文

image by iStockphoto

「廻る」と「回る」は同様の意味を持つ漢字で、両者ともぐるりとまわる様子や回転することを意味していましたね。「回」については、くるくると回転する様子を示した象形文字でもあるんだそう。また、「回」は回数を示す単位でもありました。熟語や例文を確認しておきましょう。

\次のページで「「巡る」を使用した熟語や例文」を解説!/

家族で回転寿司にいく
あと1回だけ挑戦してみる
観光地を回るタイヤが回っている
回覧板を回す
輪廻転生を信じている

例文で示したように、「観光地をまわる」と読ませる場合は「回る」を使って表現します。「周」と間違えやすいですが、「周」という字を使う際は「周る」とは書くことはなく「周り」となることを覚えておくとよいでしょう。また、あちこちの場所を歩き回るという意味で「めぐる」と読む場合には「巡る」という字をあてるのが一般的です。

「巡る」を使用した熟語や例文

image by iStockphoto

巡るは「まわる」や「めぐる」と発音します。「巡(まわ)る」には、順番ごとにまわるという意味が込められており、「巡回」や「巡視」といった言葉に使われていますね。あちこち歩き回ることを意味することもありました。

「めぐる」と発音する場合には、ある事柄も中心にそのことに関連することを意味することがあるんだそう。また、対象が季節などの時間の流れを感じるものであれば、まわって再び戻ってくるという意味が強くなります。例文で確認しておきましょう。

\次のページで「「廻る」「回る」「巡る」を上手に使い分けよう」を解説!/

あのアニメの聖地巡礼をおこなう
現場巡視のため社長がいらっしゃる
巡回して異常がないか確認する
時が巡(めぐ)る
季節が巡ってくる
ある問題を巡って意見をぶつかる

「廻る」「回る」「巡る」を上手に使い分けよう

「廻る」と「回る」については両者とも何かを起点に回転することであって、常用漢字かそうでないかという点に違いがありました。特に使われる場面やシチュエーションを意識する必要はないでしょう。ただし、公文書などでは、常用漢字である「回る」を使用しましょう。反対に「巡る」については使用方法に注意をする必要がありますね。「巡る」は順番通りに進むことをを意味していました。こちらは「巡礼」や「巡視」などの熟語を意識して考えるとわかりやすいですね。ぜひ、注意して使い分けをしてみてくださいね。

" /> 簡単でわかりやすい!「廻る」「 回る」「 巡る」の違いとは?使い分けや例文も雑学好き文系ライターがくわしく解説 – Study-Z
言葉雑学

簡単でわかりやすい!「廻る」「 回る」「 巡る」の違いとは?使い分けや例文も雑学好き文系ライターがくわしく解説

この記事では「廻る」と「回る」と「巡る」の違いについてみていきます。どれも「まわる」または「めぐる」と発音する漢字です。調べてみると定義や使い方に違いがあるみたいです。今回はそんな同じような意味を持つ「廻る」「回る」「巡る」の違いについて、文系雑学好きライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

工事会社勤務9年目。心に浮かんだもやもやを言語化することでストレス発散をはかる現役OLライター。読書が趣味で、日々様々な言葉に触れている。最近は、言葉の持つ意味を理解して文章をより豊かに読み進めていく丁寧な読書を心がけている。

「廻る」と「回る」と「巡る」の違いとは?

image by iStockphoto

「廻る」と「回る」と「巡る」は「まわる」または「めぐる」と読まれる同訓意義の漢字です。それぞれ共通した意味として「周囲に沿って歩いたりまわったりするさま」を表していますね。

そのなかでも「回る」は常用漢字であり、「廻る」は常用漢字ではないという違いがあります。さらに「巡る」については、「順番にまわる」という意味合いが強いですね。ここからくわしくみていきましょう。

廻る:回転すること、常用漢字ではない

「廻る」と「回る」は両方とも「まわる」と読み、同じ意味を持つ言葉です。両者とも「回転する」「あるものを中心にまわる」という意味がありますね。

両者の違いは「回る」は常用漢字であり「廻る」は常用漢字ではないという点。また、部首である「廴(えんにょう)」は進み歩くことを示しており、廻はぐるぐるとまわって進むことを意味しています。漢和辞典に掲載されている意味も確認しておきましょう。

【廻る】
1.めぐる。めぐらす。ぐるりとまわる。ぐるりとまわす。
2.かえる。かえす。もとへ戻る。もとへ戻す。
3.廻避。遠回りしてさけること。
4.ぐるりととりまいたさま。

(出典:漢和辞典)

回る:回転すること、常用漢字

前述したように「回る」と「廻る」は両方とも「まわる」と読み、同じ意味を持つ言葉でした。両者とも「回転する」という意味がありましたね。両者の違いは「回る」は常用漢字であり「廻る」は常用漢字ではないという点です。また「回」という漢字は、回数を示す言葉としても使われます。こちらも漢和辞典に掲載されている意味も確認しておきましょう。

【回る】
1.まわる。まわす。ぐるりとまわる。ぐるりとまわす。
2.めぐる。めぐらす。まわりをかこむ。
3.めぐらす。頭を後ろへ向ける。
4.かえる。かえす。もとのもどる。もとにもどす。
5.たがう。逆もどりする。曲線をえがいて曲がる。わきへそれたさま。
6.たび。回数を示すことば。
7.イスラム教に関係胃のあることをあらわすことば。

(出典:漢和辞典)

\次のページで「巡る:見まわる、めぐる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: