雑学

簡単に分かる「上訴」と「控訴」の違い!「上告」「抗告」との違いも院卒日本語教師が分かりやすく解説

みんなの中で裁判を経験したことがある人はいるかな?まぁ、加害者側であっても被害者側であっても、一生で一度も裁判を経験しないという人の方が多いでしょうな。ただ、裁判に関する報道を見ることは多いでしょう。そんな裁判の報道でよく使われる言葉に「上訴」と「控訴」がある。

この2つは判決の不服申し立てであることは共通しているのですが、それ以外の部分では大きな違いもある言葉なんです。

今回はそんな「上訴」と「控訴」の違いについて、言葉の違いに詳しい院卒日本語教師の”むかいひろき”と一緒に解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学に再就職した、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に言葉の違いについて分かりやすく解説していく。

「上訴」と「控訴」、どちらも裁判結果への不服申し立て

image by iStockphoto

裁判に関する報道でよく耳にする「上訴」と「控訴」という言葉。どちらも判決に納得がいかない場合に、敗訴した側が上級の裁判所に不服を申し立てる時に使われる言葉です。では、その違いは何なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「上訴」:判決・決定の不服を上級の裁判所に申し立てること

まずは「上訴」の意味について、辞書を参考にしつつ確認していきましょう。「上訴」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

1.上の者に訴えること。
2.未確定の裁判について、その判決または決定に対する不服を上級の裁判所に申し立てて、再審理を求めること。また、その手続き。
「最高裁判所にーする」
・控訴・上告・抗告の三種がある。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「じょう-そ【上訴】ジャウー」

辞書によると「上訴」には2つの意味があります。今回「控訴」との意味の違いが問題になるのは2番目の意味です。2番目の意味を簡単に言えば、「判決・決定の不服を上級の裁判所に申し立てること」ですね。

日本の裁判は三審制と呼ばれ、仮に1度目の裁判で負けても、要件を満たせば2回目・3回目のチャンスがあります。たとえば一審の地方裁判所で負けても、その不服を一段階上級の高等裁判所に申し立てることができるのです。そして二審の高等裁判所でも負けてしまった場合は、その不服をさらに一段階上級の最高裁判所に申し立てることができます。このように、判決・決定の不服を一段階上級の裁判所に申し立てることを「上訴」というのです。

この「上訴」には3種類があり、そのうちの一つが、今回意味の混乱が問題になっている「控訴」ですね。

「控訴」:一審判決への不服申し立て!「上訴」の1つ

image by iStockphoto

次に「控訴」の意味について、辞書を参考にしつつ確認していきましょう。「控訴」は次のような意味が国語辞典に掲載されています

\次のページで「「上訴」と「控訴」の類義語をチェック!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: