雑学

簡単でわかりやすい!LINEとメッセンジャーの違いとは?特徴や機能も現役エンジニアが詳しく解説

この記事ではLINEとメッセンジャーの違いについてみていきます。どちらもメッセージアプリでありますが、ずばり利用目的が違うようです。また、機能の部分でも調べてみるといくつか違いがあるみたいです。
今回はそんなLINEとメッセンジャーの違いを、特徴や機能から確認しつつ、現役エンジニアのライターvnobと一緒に解説していきます。

ライター/vnob

現役のクラウドサーバーのエンジニア。数々の難しい案件を解決している。仕事柄、わからないことがあると調査しないと気が済まない。幅広く雑学を知っている。

LINEとメッセンジャーの違いとは?

image by iStockphoto

LINEとメッセンジャーはどちらもメッセージアプリで、メッセージをやり取りしたり通話やビデオ通話も可能です。LINEは友達や家族などとコミュニケーションを取る時に利用されることが多いですが、メッセンジャーはビジネスでの利用が多いという違いがあります。

今回は、LINEとメッセンジャーの特徴や機能から違いについてご紹介していきたいと思いますので参考にしてくださいね。

LINEとは?

image by iStockphoto

LINEはZホールディングス株式会社傘下であるLINE株式会社が運営しているメッセージアプリです。なお、LINEは韓国のNHNの子会社であるNHNJapan株式会社が開発したサービスなんですよ。メッセージアプリとして日本だけではなく、タイや台湾やインドネシアなどの主にアジア地域で普及しています。

それでは、LINEについて詳しく説明していきますね。

LINEの特徴

LINEの特徴として無料でトークやグループトーク、通話やビデオ通話ができることです。また、若い世代だけではなく高齢な方まで幅広い世代で利用されています。トーク機能はメールではなくチャットであるため、リアルタイムでの会話のようにスピーディなコミュニケーションを取ることができますよ。

そして、文章だけではなくスタンプによる画像でのメッセージや画像や動画も共有することができるんです。

LINEの機能

LINEの機能としてトーク機能では個人間でのチャットだけではなく、グループでチャットをすることができます。メールの場合だとグループでやり取りする場合、一斉送信をして返信された内容から送信者が内容をまとめてグループのメンバーに展開する必要がありますよね。LINEのグループトークの場合、チャットの内容をグループのメンバー全員で閲覧することができるのでリアルタイムで内容をまとめて決定することができますね。

また、通話機能では音声だけではなくビデオ通話もできますので、遠く離れていてなかなか顔が見ることができない家族や友人とも顔を見ながら会話することができるんですよ。通話機能もグループで通話やビデオ通話することもできますよ。

メッセンジャーとは?

image by iStockphoto

メッセンジャーはFaceBookでも有名であるメタ・プラットフォームズが提供するメッセージアプリです。元々FaceBookの機能でしたが、メッセンジャーとして独立したメッセージアプリとなりました。そのため、Facebookのアカウントを取得しない場合でもメッセンジャーを利用することができますよ。

なお、メッセンジャーの利用者は10億人を超えていると言われており、欧米を中心に全世界で利用されています。それでは、メッセンジャーについて説明していきますね。

\次のページで「メッセンジャーの特徴」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: