雑学

3分で簡単にわかる監督とコーチの違い!語源や役割・責任もスポーツ好きライターが詳しく解説

この記事では監督とコーチの違いについてみていきます。どちらもスポーツの指導者というイメージがあるよな。違いはずばり、役割と責任にあるぞ。競技によっては監督という役職がなく、コーチのみの競技もあるなど、調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。

今回はそんなスポーツに欠かせない監督とコーチの役割を語源から確認しつつ、スポーツ好きライター斉藤佳人と一緒に解説していきます。

ライター/斉藤佳人

お米農家、メカエンジニア、ロボット教室講師、スポーツトレーナーと複数の仕事をこなすマルチワーカー。豊富な知識と経験をもとにライター業にも取り組んでいる。

監督とコーチの違いとは?

image by iStockphoto

スポーツでチームや個人を勝利や成功へと導くという重要な役割を果たすのが監督とコーチ。日常的に使い分けている2つの役職には明らかな違いがあるのです。監督は全体の方針を決定して、方針通りに動いているか大きな視点で管理します。これに対してコーチは監督が決定した方針を実現するために選手にアドバイスをするなどして、具体的な行動を行うという違いがあるのです。

それでは監督とコーチの語源にもふれながら、役割と責任の違いについてもより深く確認していきましょう。

それぞれの意味を確認しよう!

監督とコーチという言葉にはどのような意味があるのでしょうか。語源も含めて順番に確認していきましょう。

監督の意味

それではまずは監督の意味を確認していきましょう。

1 取り締まったり、指図をしたりすること。また、その人や機関。「工事現場を—する」「試験—」
2 映画・舞台・スポーツ競技などで、グループやチームをまとめ、指揮・指導する役の人。「撮影—」
3 日本の聖公会やメソジスト教会における第二次大戦前の職制名。主教、司教にあたる。
4 法律で、人または機関の行為が、その守るべき義務に違反していないか、その目的達成のために適当か否かを監視し、必要なときには指示・命令などを出すこと。

(出典:Weblio大辞典,URL  https://www.weblio.jp/デジタル大辞泉,小学館)

監督には取り締まったり指示を出す人という意味があります。スポーツに限らず、試験会場や建設現場などでも使われますね。

\次のページで「コーチの意味」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: