雑学

簡単で分かりやすい瓦解と崩壊の違い!意味や類語も文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では瓦解と崩壊の違いについてみていきます。どちらも、こわれることを表す熟語ではありますが、使える対象や壊れ方について細かい違いがあるみたいです。成り立ちなどから考えると間違えて使っている人もいるかもしれませんね。
今回はそんな壊れ方を表す熟語の違いについて、両方の言葉のニュアンスが気になった文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

ちょっとした熟語の違いについて、なんとなく気になってしまった文学部卒ライター。

瓦解:一部が崩れて全体が壊れていく

image by iStockphoto

瓦解(がかい)は物事のほんの一部が壊れ、それが広がって全体的に壊れてしまうことです。また、単に瓦解という場合は、徳川幕府の体制が壊れてしまったことをさすこともあります。

瓦解には、「瓦」という字が入っていますが、これは、屋根瓦のこと。伝統的な日本家屋で使われている屋根瓦は、たった1枚が外れて勢いよく落下しただけで、他の瓦も連動して大部分が崩れ落ちてしまうのです。このような様子から「瓦解」という言葉ができたのではといわれています。

瓦解の使い方と例文

瓦解は、組織や体制などがほんのわずかなほころびで崩れ去ってしまう秩序が失われてしまう様子を表す場合に使われます。建物の一部の屋根瓦が元になった熟語ではありますが、建物や建造物については使われません。例文については以下の通りです。幕府については、小説で使われた例を挙げています。

\次のページで「崩壊:くずれてこわれる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: