雑学

3分で簡単にわかる!アップロードとダウンロードの違いとは?速度や注意点もITオタクの会社員ライターがわかりやすく解説

この記事ではアップロードとダウンロードの違いについてみていきます。どちらもパソコンやスマホで日常的に利用している人も多いでしょうが、その仕組みについて分かる人は少ないかもしれませんね。その大きな違いはデータの方向性のようですが、それぞれの速度による影響も含めてITオタクライターのちょびと一緒に解説していきます。

ライター/ちょび

ビジネス書が大好きな読書家Webライター。FPの資格やAWSの資格を取得し、金融知識やITについての情報を発信している。

アップロードとダウンロードの違い

image by iStockphoto

インターネットを利用する上で頻繁に使われる用語にアップロードダウンロードがあります。これらは似て非なるもので、アップロードとダウンロードの基本的な違いはデータの移動方向です。ここではそれぞれの詳細についてみていきましょう。

アップロード:データの送信

アップロードとは、自分のデバイスから別のデバイスやインターネット上のサーバーへデータを送信する行為を指します。アップロードするデータは、テキストファイル・音声・画像・動画など様々です。例えば、SNSに写真を投稿する場合や、クラウドストレージにファイルを保存する場合などにこのアップロードが行われます。

\次のページで「ダウンロード:データの受信」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: