雑学

簡単でわかりやすい!草履と下駄の違いとは?読み方や靴との最も大きな違いも現役塾講師がわかりやすく解説

この記事では「草履」と「下駄」の違いについてみていきます。どちらも、日本の伝統的な「はきもの」を意味する言葉ですが、特に「草履」の方は、漢字も難しいことから読み方もわからない人もいて当然でしょう。今回はその違いについて、国語の講師でもある空野キノコと一緒に解説していきます。

ライター/空野きのこ

大学在学中から文学・国文法や教育について本格的に学び、現在は小中学生に勉強を教えている講師。その知識と経験を活かし、言葉の雑学を中心に分かりやすく解説していく。

草履は「ぞうり」と読む

image by iStockphoto

まずは「草履」の読み方について説明したいと思います。「草履」の「履」の字は訓読み「履く(はく)」音読みでは「り」と読む字です。ですので、「草履」「ぞうり」と読みます。「履」という字は常用漢字ではあるものの、中学三年生で習う画数も多い難しい字ですので、読めない人がいても無理はないかもしれませんね。

草履と下駄のざっくりした違い

今度は「草履」と「下駄」のおおまかな違いについて説明しましょう。「草履」と「下駄」の違いとはズバリ、履くときに足を乗せる部分が、「草履」コルクなどやわらかい素材を革や布などで覆ったものであるのに対し、「下駄」木で出来ているという点です。

\次のページで「草履と靴の最も大きな違い」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: