雑学

簡単でわかりやすい!ドメインとメールアドレスの違いとは?メールの仕組みも現役エンジニアのライターが詳しく解説

この記事ではドメインとメールアドレスの違いについてみていきます。どちらもメールを送受信するために必要な情報です。違いはずばりサーバーの配信先であるか、メールボックスの配信先であるということですが、調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんなドメインとメールアドレスの違いをメールが送信される仕組みなども説明しつつ、現役エンジニアのライターvnobと一緒に解説していきます。

ライター/vnob

現役のクラウドサーバーのエンジニア。数々の難しい案件を解決している。仕事柄、わからないことがあると調査しないと気が済まない。幅広く雑学を知っている。

ドメインとメールアドレスの違いの違いとは?

image by iStockphoto

メールを送信するにはメールのアプリなどで宛先に相手のメールアドレスを入力します。そして、メールアドレスにはドメインが含まていますが、違いはドメインはサーバーの配信先を示すもので、メールアドレスはメールボックスの配信先を示すものということなんです。

今回は、メールアドレスとドメインの違いについて、メールが送信されるまでの仕組みなどもあわせてご紹介していきたいと思いますので参考にしてくださいね。

ドメインとは?

image by iStockphoto

ドメインとはメールアドレスの「@」より後ろの文字のことを言います。末尾が「.com」や「.jp」となる文字列が多いですね。メールを送信する際に宛先としてメールアドレスを入力しますが、ドメインによってメールが送信されるサーバーが決まります。

それでは、メールを送信した際にどのような仕組みによりサーバーに配信されるのかについて説明していきますよ。

メールが相手先のサーバーまでに送信されるまでの仕組み

メールアプリで本文、件名や宛先を入力して送信ボタンをクリックすると、まずはドメインに紐づいているMXレコードからメールサーバーのIPアドレスをDNSサーバーに確認します。そして、そのIPアドレスからサーバーへメールが送信される流れとなっているんですね。

そのため、ドメインのMXレコードが登録されていない場合はサーバーの配信先がわからないので、メールアドレスが正しいものでも相手先に届かずにエラーが返されてしまいます。

\次のページで「MXレコードとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: