雑学

簡単でわかりやすいアシックスとオニツカタイガーの違い!コンセプトや用途もファッション好きライターが詳しく解説

この記事ではアシックスとオニツカタイガーの違いについてみていきます。どちらもシューズを扱うブランドですが、どちらも同じ会社が運営してるって知ってるか?シューズ側面のラインに共通点があるなど、スニーカー好きなら常識の範疇かもしれませんね。2つの違いはざっくり言うとコンセプトにあるぞ。ブランドとしての売り出し方の違いや用途についても、ファッション好きライターと一緒に解説していきます。

ライター/Yuna

現役ママでファッション好きライターのYuna。オニツカタイガーの上品でおしゃれな雰囲気が好き。この記事では「今すぐ使える雑学」をコンセプトに解説していく。

アシックスとオニツカタイガーとは

image by iStockphoto

アシックスとオニツカタイガーは、どちらも株式会社アシックスの運営するブランドです。2つの違いは、株式会社アシックスの変遷を辿る必要があります。はじめに、オニツカタイガーというブランドを扱っていたオニツカという会社が1944年に創業。1977年に他社と合併して現在の社名のアシックスになりました

その後、ブランドとしてのアシックスの発足と、レトロブームに先駆け2002年にオニツカタイガーが復活。現在の株式会社アシックスの看板ブランドとして並ぶようになります。

違いその1.コンセプト

image by iStockphoto

アシックスとオニツカタイガーの代表的な違いはブランドのコンセプトです。どちらも商品展開や店作り、オンラインショップの雰囲気までコンセプトに合わせて徹底。アシックスはスポーツ用品を扱うスポーツブランド、オニツカタイガーはアパレルにも注力しているファッションブランドという位置づけでそれぞれ差別化されています。

アシックス:スポーツブランド

アシックスといえば、最先端のテクノロジーを活用したジャンルを問わない幅広いシューズが豊富。スポーツ用品を扱うブランドという認知が高いのではないでしょうか。アシックスがコンセプトに掲げているのは、「競技用のスポーツブランド」。マラソンバレーボール界を代表に世界レベルの認知度があり、シューズの他にはトレーニング用のウェア、水着などの用品が揃います。

オニツカタイガー:ファッションブランド

オニツカタイガーといえば、アルファベットの力強いロゴ上品で洗練された雰囲気のショップに目がとまったことがあるのではないでしょうか。アシックスと比較して店作りがファッション性を感じる内装になっていますよね。

復刻後のオニツカタイガーは、洋服やバッグ、アクセサリーなども取り扱うおしゃれなブランドに生まれ変わりました。シューズは日常使いしやすいコーディネートのアイテムとして地位を築くようになります。

違いその2.デザイン性

image by iStockphoto

アシックスとオニツカタイガーは、商品デザインのテイストが異なります。シューズを例に挙げると、どちらもスタイリッシュなラインが側面にデザインされているのが特徴。一方、ブランドのロゴやカラーリングに違いがあったり、素材に通気性の良いメッシュもしくは高級感のあるレザーが使われているなど異なるデザインが取り入れられています。

アシックス:スポーツ性に特化

アシックスのシューズの特長はなんと言っても機能性の高さ。ウォーキングやランニング、競技スポーツで履きたいシューズが多いです。ロゴもアシックス(asics)の「a」を用いたマークもしくは文字のシンプルな見た目。シューズ全般に共通して、激しく動いてもクッションが安定し、汗をかいても大丈夫な通気性を重視したデザインとなっています。

オニツカタイガー:スポーツとカジュアルのミックス

オニツカタイガーのシューズは、ファッションアイテムとしての権威性の高さがあります。2002年の復刻後、海外のレトロファッションブームの波に乗ったオニツカタイガーは、「キル・ビル」という当時大ヒットした映画の主演女優ユマ・サーマンに着用され瞬く間にファッションアイテムとしてのイメージが定着。

シルエットが細身でソールが薄く、カラーリングの豊富さからすぐにオニツカタイガーとわかるデザインがファンの心を満たすのです。

\次のページで「違いその3.用途・シーン」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: