雑学

簡単でわかりやすいサマンサタバサとサマンサベガの違い!ターゲット層やコンセプトもファッション好きライターが詳しく解説

この記事ではサマンサタバサとサマンサベガの違いについてみていきます。2つは同じ会社が手掛ける姉妹アパレルブランドで、女性向けであることが共通していますね。この2つの違いはずばり、女性は女性でも異なるターゲット層に焦点をあてていることです。ターゲット層の違いに付随して、コンセプトや価格帯にも着目しながらファッション好きライターのYunaと一緒に解説していきます。

ライター/Yuna

現役ママライターでファッション好きのYuna。初めてのサマンサタバサは母からの大学入学祝いのICパスケース。この記事では「今すぐ使える雑学」をコンセプトに解説していく。

サマンサタバサとサマンサベガの違いとは?

image by iStockphoto

サマンサタバサとサマンサベガは、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが運営するアパレルブランドです。2つのざっくりとした違いは、前者が大人の女性向けで価格帯も高めな設定なのに対し、後者は若い女性向けで価格は前者の約半額なところ。

公式サイトによるとブランド名の由来は非公開ですが、どちらも輝く女性らしさをテーマにトレンドを掴めるアイテムを生み出し続けています。

違いその1.ターゲット層

image by iStockphoto

サマンサタバサとサマンサベガ、「名前ぐらいしか違いがわからないくらい似ている」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。それもそのはず、デビュー以降年月を経てコンセプトが曖昧になった結果、デザインも似通ってしまっていたのです。そこで2019年、2つのブランドはターゲット層の見直しを行いました

サマンサタバサ:20〜40代の働く女性

サマンサタバサといえば、海外のセレブがバッグや雑貨を掲げている広告を彷彿とさせますよね。過去にはミランダ・カー、ヒルトン姉妹、ビヨンセなどの多数のセレブを広告塔に起用。

そんなサマンサタバサのメインのターゲット層は、働き盛りの20代から40代の女性です。製品の色合いはピンクで可愛らしい色が目立ちますが、実は大人の女性も惹かれるパステルカラーなど優しい色使いのラインナップも豊富に揃っています。

サマンサベガ:10〜20代前半の若年層の女性

一方サマンサベガは、10代から20代前半の若い女性が中心のターゲット層です。2023年3月末、サマンサベガは春の新作ビジュアルにタレントの市川美織さんを起用しました。市川美織さんは1994年生まれでAKB48に在籍、NMB48に移籍しておりSNSでも多くのフォロワーから注目を浴びています。

クラシックさと甘さの異なる要素をあわせ持つサマンサベガ。オフホワイトやピンク、ブラックが基調で優しい色合いの商品展開が多く、チェックなど少女らしい模様もふんだんに使われています。

\次のページで「違いその2.コンセプト」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: