雑学

簡単で分かりやすい「法衣」と「袈裟」の違い!読み方や色の違いも元塾講師が詳しく解説!

この記事では「法衣」と「袈裟」の違いを見ていきます。お寺に行ったときや葬儀・法要などの仏事でお坊さんが着ている服を見たことがあるでしょう。お坊さんによっては着ている服の色が違っていることに気付かなかったか?読み方だけでなく、色に違いが何を表しているのかなどを元塾講師のyêuthuquáと一緒に詳しく解説していきます。

ライター/yêuthuquá

海外在住。現在の仕事を始める前は教育関係の仕事に従事。国内外を問わず身につけた知識や経験をもとにわかりやすくお届けする。

「法衣」と「袈裟」の違い

image by iStockphoto

まずはそれぞれの読み方を確認しましょう。「法衣」は「ほうえ」または「ほうい」、「袈裟」は「けさ」と読みます。では、「法衣」と「袈裟」にはどのような違いがあるか見てきましょう。

「法衣」:僧侶・尼の衣服

「法衣」は僧侶や尼が着用する衣服のことをいいます。「法衣」は元々、戒律で定められた僧伽梨衣(そうぎゃり)・鬱多羅僧衣(うったらそうえ)・安陀会(あんだえ)の三衣(さんえ)を指していましたが、仏教が中国や日本などに広まるにつれ、後述する「袈裟」の内側に着用する衣服を指すようになったのです。

後述する「袈裟」と区別するため「法服(ほうふく)」「衣(ころも)」と呼ぶこともあります。というのも、広い意味では「袈裟」を含めた僧侶・尼が着用する衣装を「法衣」と呼んでいるからです。この記事では、「袈裟」の内側に着用する衣服を「法衣」と呼ぶことにします。

「袈裟」:僧侶・尼の衣服の一部

「袈裟」は「法衣」の上に着用する衣類で、左肩から下げるように着用し右肩を出すように羽織ります。仏教が中国・日本へと広がっていくにつれて、仏教を象徴するものとなり、次第に装飾的なものへとなっていきました。

「袈裟」はインドの習慣で不浄とされる左手を隠し、右手を出して相手に敬意を示すようつけるのが特徴です。なお、前述の「法衣」と「袈裟」の着用が僧侶にとっての正装と言えます。

「法衣」の色と僧侶の階級

image by iStockphoto

僧侶が普段から着用している「法衣」には正装用と略装用の2種類があり、正装用の「法衣」の色には意味があります。では、2種類の違いを見ていきましょう。

\次のページで「「正装用」の法衣」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: