雑学

簡単にわかる所在地と住所の違いとは?使い分けや居所・本籍地との違いも社会福祉士ライターが詳しく解説

この記事では所在地と住所の違いについてみていきます。どちらも土地や場所を示した言葉というイメージがあるよな。最大の違いは何を基準にしているかですが、それによって文章の中での使い方も違うぞ。今回はそんな場所を示す言葉の違いを、他の似た意味の言葉とともに社会福祉士ライターれおな=007と一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

会社員として勤務する傍ら執筆活動を続けるWEBライター。大学在学中に社会福祉士の資格を取得しており、周辺の法律用語に関する知識も豊富。独特の切り口、わかりやすい表現を日々研究中。

所在地や住所の意味は?

所在地や住所という言葉の意味をご存知でしょうか。混同されがちな2つの言葉ではありますが、両者には明確な違いが見られます。本項ではそれぞれの言葉の意味について、比較してみて行きましょう。

所在地:不動産がある場所

image by iStockphoto

所在地という言葉は、土地や建物といった不動産のある場所を示しています。そのため会社の社屋や学校の校舎のように、建物に人が住んでいるわけではなくても成立する概念です。

住所:人や動物が住む場所

image by iStockphoto

住所という言葉は、人や動物が住んでいる場所を示しています。つまり人や動物が生活の拠点を置き、一定期間滞在している場所が住所といえるのです。もちろん日本の民法上の定義では「生活の本拠」とされています。そのため住所に関しては正しく届ける必要があり、日本ではその届出に基づいて各種住民サービスが受けられるのです。

第22条 各人の生活の本拠をその者の住所とする。

(参照:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089

民法 | e-Gov法令検索)

所在地と住所はどう使い分ける?

前項所在地と住所の意味について確認しましたが、両者はどのように使い分けるのでしょうか。本項ではそれぞれの言葉を使い分ける基準について、詳しく解説していきましょう。

\次のページで「1.土地や建物が基準の場合は所在地を使う」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share:
れおな=007